第4書 3章 ベトレヘムへの旅

不変のみ摂理は、御父の御独り子はベトレヘムの町に生まれると決められました(ミカ五・一)。諸聖人や諸預言者も予告しました(エレミア十・九)、神の絶対なる意志は誤りませんし、何物も妨げられません(エステル十三・九)から、天地が消失しても、神の御命令は成就します(マタイ二十四・三十五)。古代ローマ全帝国のアウグスティヌス皇帝が、人民登録、または国勢調査を発令した(ルカ二・一)ことで成就したのです。当時、世界の大部分を占領したローマ帝国は、人々に税を納めさせるため、出身地に行き登録するように命じました。このことを外出先で聞いた聖ヨゼフは、悲しそうな顔で家に戻り、聖マリアに報告しました。聖マリアは答えました。「どうぞ心配しないでください。私たちに起こる全ては天地の王なる主により命令されています。全てにおいて御摂理が私たちを助け、導いてくださいます」(シラ二十二・二十八)。御父の御独り子がベツレヘムで生まれることになっているという預言を聖マリアは知っていましたが、聖ヨゼフに話しませんでした。話すなと命令されていることを話さず、聖ヨゼフの指導に身を任せました。月は進み産期は近づいていました。聖ヨゼフは言いました。「天地の女王なる私の女主人、全能者から反対の命令がなければ私だけで行きます。ローマ皇帝命令は、所帯主だけ行くように言っています。でも私はあなたを私の助けなしにはしておけませんし、あなたなしでは私は不安ですし、あなたのそばでやっと安心できます」。二人は出発の日を決めました。聖ヨゼフは世界の女主人を乗せるロバを探しにナザレトの町に出かけましたが、他の人たちもロバが必要なので、なかなかロバが見つかりませんでした。やっと見つけたロバはありきたりのロバでしたが、御母と御子を運ぶという大任と幸福を頂いたロバです。二人は旅の必需品を五日分準備しました。聖マリアは、御子の出産のための布や産着を持って行くことにしました。二人の旅姿は貧しく見すぼらしいものでしたが、永遠なる御父の無限の愛に価する御子と二人は、天使たちから崇められました。しかし皇帝の命令で旅してきた人たちが旅籠屋に集合している様子は、聖マリアと聖ヨゼフにとり、大変不快で困らせました。二人が貧しく貧相な姿だったので、他の人たち、とくに富者よりも冷遇さあれました。どの旅館からも次から次に叱りつけられました。旅で疲れ切った二人はそっけなく断られるか、廊下の片隅か、もっとひどい所をあてがわれました。そんな所に、天地の女主人が留まると、天使たちは最高の王と女王の周りを固め、警護にあたりました。聖ヨゼフはそのことを知り安心し、聖マリアに休むように勧められ、その間、聖マリアは天使たちと話をしました。このように苦労しながら、二人がベツレヘムに着いたのは第五日目、土曜日の四時でした。冬至のときで、太陽は沈みかかり、夜のとばりが落ちてきまた。二人は街に入り、一夜の宿を探しながら、たくさんの道を通りました。知人や親せきの家に行き、断られ、ののしられました。最も謙遜な女王は、人ごみのなかを家から家へ、戸口から戸口へ、夫のあとをついてまわりました。人々の心も家も二人を締め出していると知っており、身重の自分を衆目にさらすのはもっと辛いことでしたが、夫に従い、この恥を忍ぶことを望みました。街をさすらいながら、人民登録の役所のところに出て来ました。名前を登録し、献金しました。その後も家々を訪ねました。五十軒以上もまわったのに全て無駄足に終わりました。聖マリアの忍耐と温和、それに引き換え人々の頑なな心に天使たちはあきれ返ってしまいました。追い払われ、心臓が破れそうになった悲しい聖ヨゼフが妻の所に来たのは夜の九時でした。「私の最も甘美な貴婦人、私の心は悲しく、裂けそうです。あなたを泊めるところを探せず、厳しい天候からあなたを守れません。疑いもなく、天は秘密を隠しています。ところで市の城壁の外に洞穴があるのを思い出しました。羊飼いたちや羊たちのための避難所です。そこへ行ってみましょう。天は地が与えてくれなかった助けを与えるかもしれません」。最も思慮深いマリアは答えました。「私の御主人様、このような事態になったことを私の胎内にいる神に感謝してください。あなたのおっしゃる所は私にとり最善と思われます。あなたの悲しみの涙は喜びの涙に変わるでしょう。貧しさは私の至聖なる御子の計り知れない貴重な宝です。貧しさを抱きしめましょう。喜んで主の御導きになるところへ参りましょう」。聖なる天使たちは、道を明るく照らしました。城壁の外の洞穴は空になっていました。二人は主に感謝しました。