第4書 1章 聖ヨゼフの婚約者との離別の決意 

妊娠五ケ月目になって、聖ヨゼフは聖マリアの体の変化に気づきました。ある日、聖マリアが祈り部屋から出てきたとき、聖ヨゼフは、もっと特別にこの変化を知り、聖マリアの妊娠を見て自分の聖マリアに対する愛と純潔が傷つきました。自分が聖マリアの妊娠の原因でないことは確かでした。この事実が世間に知れたら不名誉なことです。姦淫の事実を聖ヨゼフは祭司たちに報告する義務があります。報告すると姦淫者は、投石の死刑になりますから、聖ヨゼフは報告をしたくありませんでした。一方、聖ヨゼフの「嫉妬はとても強かった」(雅歌八・六)のですから、どれほど苦しんだことでしょう。神に一生懸命祈りました。「今まで聖マリアの謙遜と諸徳を疑ったことはありません。今や、彼女の妊娠を疑えません。彼女が不貞を働き、御身の掟に背いたと考えるのは、彼女の純潔と聖性をしる私には無理です。しかし私が目撃することを否定することもできません。私の理性は、彼女が非難されるべきではないと言いますが、私の目は彼女の罪を見ます。彼女は妊娠について何も言いません。私は悲しくて死にそうです。この悲しみを犠牲として捧げます。私の心をあなたの光で照らしてください」。自分の知らない神秘があると聖ヨゼフは思いましたが、聖マリアが救世主の御母であるかもしれないとは夢にも思いませんでした。聖マリアは、そのことを聖ヨゼフに告げよという天の命令を受けていませんでした。真相を知らずとも聖ヨゼフを助け、安心させることはできましたが、賢慮と謙遜により、ただただ、前よりも一層愛を込めて聖ヨゼフを主人として仕えました。聖ヨゼフは、彼女が食卓で食物を置いたり、彼の身の回りの世話をしてくれるのを身近に見て、彼女が妊娠している事実をますます明瞭に見せつけられ、心から動揺し、彼女に対する畏敬の念と愛を決して失わなかったものの、心の悲しみと辛さは彼の言葉のはしはしに出てきました。彼がついに離別を決心した時、聖マリアは涙にくれ、天使に訴えました。「いと高き王の召し使いたち、私の守護者として神の命令に従う聖なる天使たちよ、私の夫、聖ヨゼフの苦しみを慈しみ深い神に訴えて下さい。主が彼を慰めて下さいますように。無限なる神に対し、私の胎内で人性を得る神に向かい、私の最も忠誠なる夫を苦しみからたった今救い、私を見捨てるという決心を止めるように、御身に心からお願い申しあげます」。このメッセージを受けた選ばれた天使たちは、直ちに聖ヨゼフに教えました。聖ヨゼフが彼女の過ちを信じられないこと、神の御業は理解できないし、神の判断は隠されていること、神は神を信頼するものたちに対し、いつも忠実であること、決して困っている忠義者たちを見捨てないことを言い聞かせたのです(詩編三十四・十八)。これを知り、聖ヨゼフは少し安心しましたが、自分の悲しみの原因が目の前にある限り、何の保証も見出せないし、霊魂を鎮めるものもないし、妻から離別するしかなくなりました。聖マリアは、このことに気づき、この危険を何とかして回避しなければならないと大決心しました。胎内の御子に訴えました。「私の霊魂の主なる神、私は塵と灰ですが、あなたの目から隠せない私の嘆きを申し上げます。あなたがめあわせた私の夫を助けるのは私の義務です。あなたが送られた困難は、私の夫を打ちのめしています。私は黙っていられません。人類の救いのため、召し使いの私の胎に宿ったあなたが、あなたの僕、聖ヨゼフを慰め、御業の成就のため、私を助けるような立場の聖ヨゼフを置いてください。私の守護者である夫が、私を一人ぼっちにしないように心よりお願い申しあげます」。いと高きかたは答えられました。「私は、私の僕である聖ヨゼフを慰め、この秘儀を天使たちより伝えさせよう。その後で、あなたは彼に打ち明けなさい。聖ヨゼフは自分の立場を理解し、あなたに協力するであろう」。聖マリアは心から感謝し、聖ヨゼフが神を信頼することの試練をうけたことがよくわかりました。そのころ、聖ヨゼフは二ケ月間にもわたる混乱と苦難と闘っていました。その苦しみにうちひしがれ、彼には一つの逃げ道しかありませんでした。「聖なる妻の評判を傷つけ、妻を犯罪人にすることはできない、一方、私は妻とは暮らせない」と思い切り、真夜中に夜逃げすることに腹をくくり、主に報告しました。「我らの祖先アブラハム、イサク、ヤコブのいと高き神、あなたは悲しみ苦しむものにとって、本当のただ一人の保護者です。私は潔白の身でありながら、悲しんでいることは御存じの通りです。私の妻が姦通者であるとは思いもよらないことです。彼女は完徳に達しています。しかし、妊娠しています。私は誰が、どのようにして、妻を妊娠させたか分からず、私の気持ちが休まる時がありません。妻の身の危険を避け、私も何とか悩まなくて済むように、私は砂漠に行き、一生涯隠れたいと思います。あなたの御摂理に私を委ねます。どうぞ、私を見捨てないでください」。聖ヨゼフは床にひれ伏し、聖マリアを神が人々から守って下さるよう、エルサレムの神殿に少しばかりの献金をすることを誓いました。神のみ旨は正しく、聖であり、完全です。み旨について三つの説明を私は述べましょう。第一、聖ヨゼフは賢明で天の光に照らされていたので、聖マリアの胎内にみ言葉が宿ったことを証拠立てる必要はなかったと思はれます。第二、聖ヨゼフは自分の視覚に頼ったので、天使的な視覚を持たず、疑うようになりました。第三は、第二によって引き起こされた苦しみです。ここにおいて、この聖なる聖ヨゼフが視覚を正しく使い、聖霊の恩働きを受け入れるよう、浄められるように、天使が主のみ旨を聖ヨゼフに伝言しました。聖ヨゼフは目が覚めると、妻が真の神の母であるとわかりました。自分が授かった恵みに感謝の祈りを捧げました。平静を取り戻した聖ヨゼフにとり、二、三ケ月の疑いと不安の体験は、謙遜を教え、生涯の教訓となりました。聖ヨゼフは祈りました。「ああ、私の妻よ、いと高きかたの御母として選ばれた方、あなたの価値のない僕があなたの忠実をどのようにして疑ったのでしょうか?塵であり灰である私が、あなたの奉仕を頂くことがどのようにして可能になったのでしょうか?あなたは天の女王で、宇宙の女主人です。あなたの御足が踏んだ土に接吻し、跪いてあなたに奉仕すべきでした。ああ、主なる神、聖マリアに赦して下さるようお願いする恩寵を与えてください。痛恨の悲しみにあるこの僕を、聖マリアが嫌いになりませんように」。至聖なるマリアは、聖ヨゼフが主の秘儀を信頼したことを喜びました。それと同時に、困ったことになったと思いました。聖ヨゼフの召し使いとして、従順にへりくだる機会がなくなりそうになったからです。謙遜の徳は一番大事にしていたものです。「私の主人なる夫よ、私こそあなたに赦しを請わなければなりません。私はあなたを悲しませ苦労をかけさせました。私を赦してください。いと高きかたが私の祈りを聞いてくださったので、もう心配しないでください。私はあなたに私の秘密を打ち明けることが出来ませんでした。私の胎内にいる主の御名において、私への態度を変えないように心からお願いします。人々から仕えられるためではなく、人々の召し使いになるため、私は主の御母になりました」。聖ヨゼフは恩寵の特別な啓示を聞き、言いました。「幸いなるかな、末永く幸いがあるように、あなたは諸国民に先立ち選ばれ、女の内にて選ばれました。天地の創造主は永遠に誉め讃えられるべきです。なぜなら高き王座にまします主はあなたを見出し、あなたを主の御住まいとお選びになったからです。昔の王や預言者との約束を守る主を、全ての世代は誉めるべきです。聖マリアよ、主のまえであなたのように謙遜にすることおいてのみ、主の御名は高められます」。これを聞いて聖マリアは、聖エリザベトの祝辞に答えたようなマグニフィカト(主の賛美)を歌いました。聖マリアは恍惚のなかで燃え、この光景を見て聖ヨゼフは讃嘆と喜びの気持ちで一杯になりました。このような光景にある聖マリアを見たのは、後にも先にもこの時しかありませんでした。天の王女の完全さと清純さと、幼子である神の人性が聖マリアの胎内に宿っていることが、聖ヨゼフに明らかになりました。聖ヨゼフは主を自分の救世主と崇め、主から主の養父という称号を頂きました。知恵と天の賜物の数々も頂きました。