第4書 7章 幼児キリストの神殿における奉献

永遠の御父は、御子が神殿において御父に奉献されるよう命令されました。これは律法に神秘的に従うためです。私たちの主キリストは律法の目的です(ローマ十・四)。一家の長男を旧約の義人たちがいつも主に捧げたのは、長男が神の御子、そして、待望の救世主の御母の御子であるかもしれないという希望のためです(出エジプト十三・二)。永遠の御父のみ旨は、神なる御子のみ旨と一致しており、み言葉の御母にもよく知られていました。御奉献の前夜、御母は御父に申し上げました。「わたしの主なるいと高き神、私の主の御父、天地の祝日において、私はあなたの神殿においてあなたに、生ける生贄、神聖な宝を捧げます。この捧げものを受け取られ、あなたは人類にあなたの慈善を撒くことができます。正道から外れた罪人を赦し、苦しむものを慰め、困っている人を助け、貧しいものを富めるものとし、弱い人に手を差しのべ、目の見えない人の目を開き、迷っているひとたちを導くことがおできになります。御独り子をあなたに捧げ、このお願いを申し上げます。あなたが神なる御子を私に与えてくださったので、神であり人であられる御子をあなたにお返しいたします。御子の徳は無限です。私の祈願は全く僅かです。御子という宝物をあなたの神殿にお返しし、私は無一文で家に帰ります。私の霊魂はあなたを永遠に賛美します。あなたの御子が私に寛大で強力な御業をなさったからです」。翌朝、明け方、御母は御子を産着にくるみ、小雛鳩と二本のロウソクを聖ヨゼフに渡し、三人でエルサレムの神殿に出かけました。ナザレから一緒に同行し、ベツレヘムに滞在した一万位の天使たちも人間の姿になり、行列をつくり、幼子である神を讃える甘美な歌を歌い続けました。天から無数の天使たちが舞い降り、その中の多くの天使たちは、イエスの名を記した盾を持ち、人となられたみ言葉の護衛隊を作りました。天から参加した天使たちは、御母にしか見えませんでした。神殿に着いて御母は、奉献の更新された気持ちに満たされ、他の女性たちの仲間入りをしました。お辞儀をし、跪き、両手のなかの御子と御自身を高き主なる神に捧げました。御母はたちまちに聖三位一体を幻視し、永遠の御父が「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」(マタイ十七・五)と言われるのを聞きました。同時に聖ヨゼフは聖霊の新しい甘美さを感じ、聖霊により喜びと光りに満たされました。このとき、聖霊に導かれ、聖なる祭司シメオンが神殿に入り(ルカ二・二十七)御母と御子が光り輝いているのを見ました。同時に女預言者アンナもやってきて、御母と御子が素晴らしい光に囲まれているのを見ました。祭司は御子を御母から受け取り、天に向かって宣言しました。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救いで、異邦人を照らす啓示の光、あなたの民イスラエルの誉れです」(ルカ二・二十九)。シメオン祭司は幼児イエスの御母に向かって言いました。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです」(ルカ二・三十四~三十五)。聖シメオンがご両親を祝福したあと、女預言者アンナは、人となられたみ言葉を認め、イスラエルの救いっを待ち望む多くの人々に救い主のことを伝えました。シメオン祭司が、主が反対の印のために立てられたと言った時、主の御受難と御死去を預言していましたが、この時、幼児イエスは頭を下げ、その予言を承知しました。御母はそれがわかりました。その時、御母の心は剣により刺し貫かれました。鏡を見るように御母は、預言が見えました。御子が人をつまずかせる石となり、不信心者から迫害され、信じる者を救う礼拝堂が破壊され、異教者たちのなかに教会が建てられ、悪魔と死にたいする勝利は御子の恐るべき苦痛と十字架の死のお陰である(ヨハネ十五・二十)と。救われるべき人々の光栄も見えました。これらすべての予見は、御母の御心に深く刻まれました。聖ヨゼフは、救いの秘密と御子の苦労について多くのことを学びました。御母はシメオン祭司の手に接吻し、次に聖アンナの手に接吻しました。その後、九日間エルサレムに滞在し、聖ヨゼフと一緒に信心業を行うことになり、二、三度、シメオン祭司に会いました。この九日間の祈りは、ご懐妊前の九日間の準備とご懐妊の九ケ月の記憶を、幼児イエスと一緒にたどるためでした。朝暗いうちから夜まで毎日、神殿の目立たない片隅でこのノベナが行われました。このノベナの嘆願に対し、神は新しい特権を御母に授けられましたが、そのなかに次の諸特権が含まれています。一・世の中が続く限り、御母は寄りすがる全ての人たちのために仲介し、神から全てを聞き入れてくださる。二・ご仲介を望むなら、大悪人も救われる。三・新しい教会(ローマ・カトリック教会)と福音の律法において、御母は御子キリストによる共済者と先生である。御母が被昇天の後、宇宙の后になられ、地における神の代弁者になられてから、これらの諸特権がもっと発揮されるようになったのです。その他全ての特権について私は限られた紙のスペースにようやくすることは出来ません。ノベナ第五日目に神が御母に告げられたことは次の通りです。「私の浄配よ、私の鳩よ、あなたは九日間のノベナを全部やれない。他の愛徳の業をあなたはすべきである。あなたの御子の命を救い、育てるために、あなたは自分の家も母国も棄てなければならない。あなたの夫ヨゼフとともにエジプトに急いで行け。そこで私の命令を待て。ヘロデ王が御子の命を狙っているからである。この逃避の旅は長く、最も骨が折れ、最も疲れる旅である。私に対する愛のために全てを忍びなさい。私はあなたのそばにいつもいる」。強い神が哀れな地上の人間を畏れて命からがら逃げ出すとは、普通の信者には納得いかないことかもしれません。しかし、御母は申し上げました。「私の主よ、あなたの召し使いをみ旨のまま取り扱って下さい。ばなたが御子なる主の御苦難を許さず、全ての苦痛を受けるべき私にいつして下さるよう、お願いいたします。あなたの限りない善に訴える私の不徳と忘恩を大目に見て下さいますように」。主は御母に、聖ヨゼフに従うように諭しました。幼児なる神に降りかかる苦労の数々を幻視し、御母は泣きながら宿舎へ帰ってきました。御母は聖ヨゼフに打ち明けませんでしたが、同夜、天使が聖ヨゼフの夢のなかに現れ、言いました。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている」。聖ヨゼフはすぐに起き、御母の部屋に行き、言いました。「私の貴婦人よ、天使が全能者の命令を告げました。ヘロデ王が御子の命を狙っているから、起きて、エジプトに逃げるようにということです。この旅の苦労を耐えられるように、あなたのために私のできることを何でも言ってください。私は御子とあなたのために生きております」。御母は答えました。「いと高きかたがそのような恩寵をくださるなら、この世の苦労を喜んでお受けしましょう(ヨブ二・十)。私たちの主、私たちの案内人である真の光がおられます。み旨を果たしましょう」。飼い葉桶の中で眠っているイエスのところに来ると、御母は御子イエスに対し跪き、御子を抱き上げました。わずかな身の回りのものを箱に詰め、ロバの背に乗せ、真夜中を少し過ぎてから聖家族はエジプトへ急ぎました。