第3書 2章 神の御子の受肉

聖マリアの準備が整い、救いのときが来たことを王なる種が全天使に宣言したとき、全天使は新しい讃美歌、シオンの聖歌を繰り返し歌いました。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主なる神(イザヤ六・三)。いと高きところに座します私たちの神なる主、あなたは正しく、力があります(詩編百十三・五)。地上の卑しいものたちを顧みます。あなたの御業は誉むべきかな。あなたのみ旨は高遠です」。最高位天使ガブリエルは神の命令を受け、見える姿になった最も美しい何千もの天使たちとともに最高天より舞い降りました。天使たちは最もハンサムな青年たちでした。聖ガブリエルは輝き、重厚で威厳があり、動作が優雅で力のこもった話し方をし、他の天使たちよりももっと神々しく見えます。彼は輝く王冠をかぶり、色とりどりに輝く着物を着て胸にはきれいな十字架があります。この十字架は受肉の神秘を示します。天使たちはガリラヤの町ナザレトにある至聖なるマリアの家に向かって飛びます。この粗末な小屋には聖マリアの小さな部屋があり、家具が見えません。天の王女はこのとき十四歳でした。天の元后の御体は均整がよくとれており、同年の少女より背が高く、極めて優雅で全身完全です。御顔は少し面長で痩せてもいず、粗野もなく、きれいな肌で少し褐色がかっており、拾い対照的な額があり、眉毛は完全な弓なりで、御目は大きく真剣で、筆舌を絶する美しさと鳩のような甘美さがあり、御鼻は真っすぐで上品であり、御口は小さく、薄くもなく厚くもありません。どのような人よりも美しいです。聖マリアに会うと、喜び、真剣さ、愛、畏敬を感じます。聖マリアの着物は粗末で貧弱ですが、清潔で灰色がかかっています。天の使いたちが近づきつつあるとき、聖マリアは九日間の啓示について深く黙想していました。主は、御独り子がもうすぐ天より降り、人間になることを聖マリアに約束しました。その成就を心から願うこの偉大な元后は、謙遜な愛をもって独り言を言いました。「永遠なる御父のみ言葉が産まれ、人間と話すその時が本当に来たのでしょうか?(イザヤ四十・五)。暗黒に住むものたちを照らすのでしょうか?(イザヤ九・一)。ああ、誰がそのお方に会う価値があるでしょうか!御葦が踏まれた地面を誰が接吻することを許されるでしょうか!」「喜べ、諸天よ。慰めよ、地よ(詩編九十六・十一)。そのお方を崇めよ。そのお方の幸福は近い。ああ、罪に汚れたアダムの子孫よ、あなたたちは、私の愛する被造物です。頭を上げ、昔の奴隷の軛を投げ棄てよ!(イザヤ十四・二十五)。古聖所に抑留され、アブラハムの胸のなかで待っている祖先、預言者や義人よ、あなたたちは慰められるであろう(シラ二・八)。待ちに待った救い主は、もはやぐずぐずしておられないであろう!皆で主を讃え歌おう!このお方が自分の御母と指さす女の方の奴隷に誰がなるであろうか?(イザヤ七・四)。ああ、エマニュエル、真の神にして真の人!ああ、閉められた天の扉を開けるダビデの鍵!(イザヤ二十二・二十二)。ああ、永遠の知恵、新たなる教会の律法者!ああ、主よ、来てください。あなたの民の捕囚を終わらせてください。全人類にあなたの救いを示してください:」(イザヤ四十・五)。黙想にふける聖マリアの部屋に人の姿をした天使たちが入りました。木曜日の夕方でした。謙遜な王女は、聖ガブリエルの見分けがつきましたが、伏し目にしました。聖なる天使は自分の女王に対し、深くお辞儀をしました。アブラハムが天使にお辞儀したように、人間が天使に礼を尽くすという昔からの習慣がこの日から変わったのです。み言葉の人性により、人性が神の威厳にまで引き上げられたので、人間は養子の地位をもらい、天使たちの兄弟となりました。天使が福音史家聖ヨハネにより崇められるのを拒否したのです(黙示十九・十)。聖なる大天使は挨拶しました。「めでたし聖寵充ち満てるマリア、主はあなたと共におられます。あなたは女の内にて祝せられています」(ルカ一・二十八)。この挨拶を聞いて聖マリアは当惑しましたが、混乱してはいませんでした(ルカ一・二十九)。当惑は、自分が最も卑しいものと思っていたのでこのような礼辞を考えてはいなかったことと、どのように応対していか考え始めたからです。その時、神が神の御母として聖マリアを選んだことを聖マリアの心のなかに話されたので、ますます驚いたのです。天使は主の宣言を説明します。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい」(ルカ一・三十、三十一)。この新しい前例のない秘儀の真の価値を理解できる方は、私たちの思慮深く謙遜な女王以外にはいません。聖マリアがこの秘儀の偉大さを実感すればするほど、もっと讃嘆の気持ちが起きました。聖マリアは自分の謙遜な心を主に挙げ、教えと助けを願いました。いつもの恩恵や内的高揚は中止されたので、普通の人間と同じように、信望愛をもってあたるしかありませんでした。聖マリアは聖ガブリエルに答えて言いました。「私はどのようにして妊娠するのでしょうか?私は男を知りませんし、知ることができません」。この時の、聖マリアは乙女の誓願を結婚前にも結婚後にも主に対して行い、主に祝福されたことを無言で主に話ししました。聖ガブリエルは答えました(ルカ一・三十五)。「私の女主人様、男の協力なしであなたを妊娠させることは、神にとって簡単なことです。聖霊があなたの上に留まり、いと高き方の力があなたを覆います。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれます。御覧なさい。あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっています。神にできないことは何一つありません。産まずの女を妊娠させるお方は、あなたを御自身の御母とし、しかもあなたの乙女を保存し、純潔を大きくします」。聖マリアはみ旨に従って答えるよう考えを巡らしました。三位一体の約束、預言、最も効果的な犠牲、天の門の開通、地獄に対する勝利、全人類、神の正義の充実、人間の光栄、天使たちの喜び、そして御父の御独り子が自分の胎内で姿をとることに関係する全ては、聖マリアの承諾(フィアット)にかかっていることを黙想しました。これら全てを全能者が謙遜な少女にまかせたのです。この勇気ある乙女の賢く強い決定にまかせたのです(蔵言三十一・十一)。ご自分に関することは被造物の協力に依存しませんが、外的な御業は被造物の関与を必要とします。つまり、御子の受肉は聖マリアの自由意志による承諾なしには行われません。この偉大な婦人は、神の御母の威光(蔵言二十一・十六)について深く考えました。聖マリアの霊魂は神の愛の畏敬に没頭しました。このときの激しさにより、聖マリアの至純な心臓が強く収縮し、圧迫されたので、三滴の御自身の御血が絞り出され、胎に向かって移動し、聖霊の御力により、私たちの主キリストの御血になりました。み言葉の人性を形成する基の実質が聖マリアの心臓により造られた瞬間、謙遜に頭を少し傾け、両手を組み合わせ、聖マリアは「お言葉どおり、この身に成りますように」(ルカ一・三十八)と宣言しました。「フィアット」の宣言により、四つの事態が同時に起きました。第一、私たちの主キリストの至聖なる御体が、前述の三滴の血により造られました。第二、キリストご自身の至聖なる霊魂が、他の人間の霊魂と同様に創造されました。第三、この霊魂とこの身体が結合し、御子の完全な人性となりました。第四、神はご自分を人性と一致させ、ご降臨による一致となりました。かくして、真の神人なるキリスト、私たちの主なる救世主が形成されました。三月二十五日のことです。こうしていと高き方の御業は完成しました(申命三十二・四)。神の御子は聖マリアのご胎内で聖母の血により栄養をもらい、自然に生育していきました。聖母は原罪の汚れなく、諸徳の実践に励みましたので、御体の血と他の体液が御子の成育に必要なものとなり、最も清いものになりました。私たちの主キリストの至聖なる霊魂は、神性が人性に結合しているのを見て神性を愛し、人性が劣っているのを見ました。謙遜のうちに霊魂を創造し、神性に一致させることにより、神にまで引き上げて下さった神に感謝しました。自分の至聖なる人性が苦しむこと、救いを獲得するため適応することを知りました。人類のための犠牲となり救い主として自分を捧げました(詩編四十・八)。自分と人類の名において創造したことを感謝しました。キリストは至聖なる御母と聖ヨゼフの救いのために祈りました。神人としての祈りの一つ一つは無限の価値があります。従順の行為一つだけでも私たちの救いに十分です。人間に対するキリストの愛は無限で、愛そのもの以外の何物によっても満足できません。愛がキリストの命の目的であり、愛の印として自分の命を使い尽くすのです。キリストが世の中に来られたという瞬間が、世の中を測りしれないほど豊かにしたので、三十三年間の労働の後、御受難と御死去により、私たちに遺した功徳はどれほど偉大でしょうか?ああ、無限の愛!ああ、測り知れない慈悲!それに比べ、人間の忘恩!主の御苦労を私たちは粗末にします。私たちの主キリストを受胎した一瞬の次の一瞬、聖母は明瞭に神性の降臨による人性との一致の神秘の幻視を見ました。至聖三位一体は、真理のあらゆる確実性において神の御母の称号と権利を確認しました。御子は確かに人間であり、確かに神ですから、御母は御子の実母であり、御母は御子となるべき実体を提供し、男の助けなしに母となるにあたって神の関与がありました。神の関与は普通の妊娠による生命の開始にも必要であることを考えましょう。御母は、御父の御独り子の御母としての役目を遂行するため、全能者の指示を一生懸命お願いしました。全能者は答えました。「私の鳩よ、恐れるな。私が助け導こう。この約束を聞き、聖母は恍惚の境地に入りました。我に帰るやいなや、至聖にして神である御子を崇めました。その時以来、新しい神の影響が御母の上に起こり、御母は一層神々しくなりました。