第3書 1章 御託身まえのノベナ

御近所の人たちには聖ヨゼフが会っていましたから、聖マリアを知る人は少なく、その中でも少数の人たちが聖マリアと話ししました。聖マリアと話せた幸せな人々は、聖マリアの神々しさに満たされ、聖マリアからくる光が自分たちを照らすことを表現しようとしました。聖マリアはそのことに気づいており、そのような光を照らさないように主に願いました。人々から忘れさられ、蔑まされることを願いました。結婚してから御言葉の御受肉までの六ケ月間の間、聖マリアの愛徳、謙遜と信心や施しの忙しい生活は、いと高き方の御目に叶ったのです。人間の言葉で表現すると、神は大喜びで、聖マリアに駆け寄り、両手を差し出し、世界が始まって以来の最大の奇跡を行うことになります。すなわち、御父の御独り子がこの婦人の汚れなき胎のなかで受肉されるという奇跡です。そのため前九日間、神はマリアに準備させました。神の川が激流となってこの神の国のなかに流れ込みました。この聖なる第一日目、天の王女マリアは少し休んだあと真夜中に起き、いと高き方の御前にひれ伏し、定められた祈りを唱えました。この幻視で王女マリアは神の秘密、特に創造の秘密を習いました。天地が神の善と寛大さのお陰で造られたが、神を加えることはないこと、神は天地創造の前、永遠から永遠に栄えていることを知りました。女王はあらゆる自然(空気、水、土、金属)がその中心に引き付けられるという衝撃を感じていました。彼女は、神の愛に引き込まれながら、御独り子をこの世に送り、人類を救ってくださるように心からお願いしました。この嘆願は、神と聖マリアを結ぶ激しい競争になりました。御独り子が宿る神殿を準備するため、全能者の全ての御業について、この選ばれた御母に教えました。第一日目は、創世記に記された第一日目の創造について教えました。見たこと以上にはっきりと聖マリアは理解しました。主が天空と地球を最初に造られ、どれだけ離れているか、どれだけ空間があるか、奈落の表面を暗黒がどのように覆っているか、主が水の上へ来られたり、光が造られ、暗黒が分けられ、夜と呼ばれ、第一日目が終わった様子が聖マリアに示されました。聖マリアは地球の大きさ、経度、深さ、穴、地獄、リンポ(古聖所)、煉獄、それぞれの場所の住人たち、諸国、気候、世界の分割、諸国の住民たちを知ったのです。同じ明瞭さで聖マリアは、下の天、高い天、天使たちが第一日目に造られたこと、天使たちの性質、状態、多様性、階級、義務、能力や徳も知りました。悪天使たち、彼らの堕落、その状況と原因について聖マリアは知りましたが、自分のことは何も知らされませんでした。第一日目の最後に主は、聖マリアも土から造られ、土に戻る人たちと同じ性質があることを教えましたが、聖マリアが土に戻るとは言いませんでした。この深遠な知識を与えられ、無の深い底まで聖マリアは自分を低め、あらゆる惨めさを背負うアダムの子孫たちよりももっと自分を低めました。聖マリアの心の中に深い溝ができ、この溝が建物の土台となるのです。この建物は神性が人性に降臨するところになります。神の母の威厳が限りないので、聖マリアの謙遜もそれと同じように限りないことになります。完徳に達しながらも、聖マリアは御自身を無限に遜らせたので、主は御歓びになり言います。「私の浄配である鳩よ、人類を罪より救うという私の希望は大きい。私の救済の降臨の時は待ち遠しい。この希望が実現するため、絶えず私に祈りなさい。ひれ伏し、あなたの熱い願いを中止することなく、御父の御独り子の受肉を私に願いなさい」。天の王女は答えました「主、永遠の神、あなたの力と知恵に適うものは誰もいません(エステル十三・九)。ああ、私の愛する方よ、あなたの測ることのできない恩恵が全人類にくだることを、もしも私が邪魔するようであれば、私を亡ぼしてください。あなたの祝福は人間の功徳のためではありません。人類の罪は増え、人類はあなたにますます反抗しています。私たちは恵みを頂く資格がありません。あなたの無限の慈悲だけが恵みのもとになります。預言者、祖先たちや諸聖人たちが嘆き、罪人たち全員が叫びます。私は塵であり恩知らずですが、あなたに心の底からお願いします。はやくあなたが世を救い、あなたの光栄となりますように」。この祈りのあと、天の王女は自然の状態に戻り、一日中同じ嘆願を続けました。地にひれ伏し、十字架の形をとる日課を繰り返しました。この姿勢は聖霊から教わったのです。第二日目、真夜中、聖マリアは神に会いました。幻視により神は御自身を示し、創造二日目の様子を見せました。どのように水が分かれ、大空ができ、その上に天の水と呼ばれる水晶ができたのかを聖マリアは見ました。たちまち神の最も透き通った光が聖マリアを満たし、神の善と力を讃嘆するように心を燃やしました。神のような素晴らしさに変容し、諸徳を英雄的に実行したので、神は聖マリアを全能の業に参加させ、天、惑星や自然を従わせる力をマリアに与えました。第三日目、聖マリアは創造第三日目の様子を勉強しました。天の下に水があり、一か所に流れ集まり、乾いた土地が出てきました。地が新鮮な薬草や果物の木を種から産み出しました。海の広さ、深さや流れも聖マリアは理解しました。どのようにしてこれらの全てが人間の役に立つかもわかりました。聖マリアの理解はアダムやソロモンの理解よりももっと明瞭です。医学の最高専門家も、聖マリアと比べると無知に等しいのです。至聖なるマリアは、見えないもの全てを知っていたからです(知恵七・二十一)。第三日目に聖マリアは、神が人類を助け悲惨な状態から救い出すために来たいということを知りました。その目的のため、神は神自身の属性の、ある種のものをマリアに与えました。この属性により、将来聖マリアが御母として罪人の弁護者として神に取り次ぐことになります。神の愛に参加することは聖マリアの希望でありますが、この希望があまりにも強力なので、聖マリアには神の御助けなくしては耐えきれなかったでしょう。この愛のため、聖マリアは自分自身が焼き殺されたり、切り殺されたり、拷問のために殺されたり、何回も何回も苦しみ殺されたいと思いました。このような恐ろしい殺され方は、聖マリアが罪人の身代わりになるためでした。そのような死は、人類が始まって以来の苦しみに比べれば、取るに足らないと聖マリアは考えたのです。この日から聖マリアは、親切と慈悲の御母になりました。人類にご自分の恩寵を分け与え、御独り子の御母に将来なるため、聖マリアは全身全霊で慈悲、親切、敬虔と寛容になったことを特筆しておきます。類は類を呼ぶというように、この御母にしてこの御子ありと言えます。御母の人性は御子に受け継がれました。この日の幻視により、いと高き方は救い主が設立する恩寵の法律、恩寵の秘跡、そのための新しい教会、人類への賜物と全ての人間が救われて欲しいという希望を聖マリアに伝えました。このことは聖マリアの深遠広大な勉強となります。聖マリアはいと高きお方が全人類に恩寵を与え、全人類が永遠に恩寵にあずかるように望んでおられることを知りました。反面、人々が盲目になり、神性にあずかるのを辞め、地獄に落ちるのを見ました。誰も地獄に落ちないように、聖マリアは祈願、犠牲、謙遜、愛徳を英雄的に実行しました。第四日目、天の王女は、太陽と月が昼と夜をわけ、季節、月日、年数を示すことを知りました。第八天の星は夜を照らし、昼夜に影響を及ぼすことをしりました。輝く天体の実体、形、大きさ、性状、運行や惑星の類似と相違、星の数、星が地上の生物や無生物に与える影響を全部知りました。第五日目、以前と同様、神の神秘のベールは次々と落ち、聖マリアは新しい秘密を発見しました。聖寵のもっと強い光が聖マリアの霊魂に入り、聖マリアを、もっともっと神の似姿らしくしました。この日、罪人たちが永遠のみ言葉の御来臨を遅らせていることを知り、王なる王に言いました。「私の主、無限の神、人間の悪行は測り知れないことを私に教えてくださいました。この人たちはあなたの宝と愛を捨てることができますか?いいえ、人間の悪意は、あなたの慈悲をコントロールできません。天地は消えてもあなたのみ言葉は存続します(イザヤ五十一・六)。預言者を通してあなたは救い主を送るという約束を何回もされました。あなたの約束が成就するように、私も誰も何もできません。あなただけが約束を実行できます。あなたが人となられるのもあなた次第です。人類創造の理由もあなただけが知っています。私たちには罪の贖いをする資格も功徳も全くありません」。いと高き方は答えられました。「その通りである。私が人となり、人とともに住むという約束は私の善意から出た。どの人間の功徳によるものでもない。しかし、人々の忘恩はあまりにも醜いので、約束は取り消された状態になっています」。聖マリアは、全人類の過去、現在、未来にわたる所業と各人の最後を神から見せて頂きました。とても堪えられない幻視でしたが、神の永遠の愛に参加し、取り次ぎを続けました。「主、永遠なる神、私はあなたの正義を宣言し、あなたの業を讃えます。私があなたの人々への賜物と、人々のあなたに対する忘恩を見るとき、悲しみで心が締め付けられそうになります。あなたは全員が永遠の生命を得ることを望むのに、少数のものたちしか、限りないあなたの恩恵に感謝しないで、多くのものが悪意により亡びます。あなたは人々の罪や悪意を予見したように、御独り子が無限の価値の業をこなすことを最初からご存知です。御子の御業は罪よりもはるかに強力です」。神は聖マリアの謙遜な愛すべき熱い願いに感動し答えられました。「私の最も愛すべき浄配、選ばれた鳩よ、あなたの願うことは大きい。あなたへ与えられた祝福がこれらの不適格者たちに与えられるべきか?私の友よ、悪者たちが当然の報いを受けることは私にまかせなさい」。私たちの強力で親切な弁護者は返答しました。「いいえ、私の主、私は引き下がりません。あなたは慈悲深く、力強く、約束を破ることはありません。私の祖先ダビデはあなたについて言いました。『「主は誓った、そして後悔しない。あなたはメルキゼデクのような永遠の祭司です」(詩編百十・四)。その祭司がきますように、そして私たちを助けるための犠牲となりますように。あなたは犠牲を後悔しません。約束するとき、全てご存じですから』。この話し合いのとき、私たちの女王は何という名前かと尋ねられました。「私はアダムの娘です。そこらの塵から御手により造られました」。いと高きかたは答えられました。『これよりあなたは「御独り子の御母に選ばれた」と呼ばれるであろう』。しかし「選ばれた」というところしか聖マリアの耳に入りませんでした。神が人となる永遠のみ言葉を送るというはっきりとした約束は聖マリアに伝えました。この約束を聞き、大喜びした聖マリアは、いと高きかたの祝福を願い頂きました。ヤコブが神と格闘し勝ったときよりも、もっと大きな勝利を聖マリアは獲得しました。神は聖マリアを愛するため、ご胎内に入り、人間の弱さを身につけることになるのです。ご自身の死により私たちに生命を与えるため、神性を人の体で隠されたのです。人間が救われたのは、第一は聖マリアの御子のお陰、第二は聖マリアのお陰です。この幻視の時、私たちの偉大な女王は創造の第五日目を見ました。天の下に水が造られ、地上には不完全な爬虫類が這いずり、翼のついた動物が飛び、ひれのある動物が水中をすいすいと泳いでいるのを見ました。あらゆる動物の起源、恰好、生活状態、習性なども見て、諸動物がどのような目的を持ち、生を終えるかもわかりました。王なる神は、聖マリアに全動物を支配する権力を与えました。この幻視のあとすぐに創造の第六日目を聖マリアは見ました。地から動物が産まれ出てきました。魚や鳥よりももっと完全な動物で、重要な特性に従って名前がつきました。ある動物たちは家畜となり、他は野生のままでした。全ての動物に対する支配権を聖マリアは頂きました。理性のない被造物の創造を見たのちに、聖マリアは、「我々の姿に似せて人間を造ろう」(創世一・二十六)と神がおっしゃって、土から私たちの最初の親を造った様子を知りました。人間の身体と霊魂や諸機能の調和、霊魂の創造と人体内への注入と両者の密接な結合がわかりました。人体の、諸部分、例えば骨、静脈、動脈、神経や関節の数、食物の機能、成長や動作も理解し、調和の崩れが病気を起こすことと病気の治し方も習いました。全てこれらを少しの誤りもなく理解したのは、世界の諸専門家より以上で、天使たちも及ばないほどです。主は、最初の両親アダムとエワの最初の正義における幸福な状態を聖マリアに示しました。二人がずるい蛇によってどのように誘惑されたか(創世三・一)もわかりました。二人の罪の結果がどうであったか、人類に対する悪魔の憎悪はどれほど激しいかも知りました。恩知らずの人祖アダムとエワの娘として自分が産まれたことも判りました。原罪を自分の責任と考え、泣きました。この涙は主の御目に大変貴重ですし、私たちの救いを確かなものにしましたから、原罪は幸せな過失といえるかもしれません。聖マリアの準備の第七日目、天の王女は天使たちにより最高天に運ばれました。そこで玉座から声がかかりました。「私たちの浄配、選ばれた鳩、何千人もの人たちの間から選ばれた私たちの花嫁としてあなたを新しく迎えたい。私たちの計画にふさわしい者としてあなたを飾り、美しくしたい」。最も謙遜な聖マリアは、いと高きかたの御前で人間にはとても考えられないほど自分を無にしました。「ああ、主よ、あなたの足下に、塵であり、あなたの卑しい婢はあなたに捧げられました。ああ、永遠なる善よ、あなたのこのとるに足りない器をみ旨のままにお使いください」。いと高きかたに命じられるままに、二位のセフィラムがこの天の乙女のそばについています。他の天使たちと一緒に見える姿となっています。聖マリアは天使たちよりももっと神の愛に燃えています。聖マリアの優しい愛と望みに感動した神は、聖マリアの純潔な胎に入り、五千年間以上も延期された救いを成就すると宣言しそうになりましたが、お告げはもう少し準備がなされたあとに執り行われます。その準備は、天の王女が受肉されるみ言葉の御母であると同時に、み言葉の御来臨のための最も強い仲介者となり、エステルがイスラエルの救い手であった(エステル七・八)以上に人間の救い手となるための準備です。いと高き方は御自身の傑作である聖マリアを見て、大きく喜び言います。「私の浄配、最も完全で最も愛らしい鳩、私たちのところに来なさい。あなたは人間から産まれたから、私は人間を創造したことを喜びとする。あなたを、私の浄配、全被造物の女王として選んだ理由が天使たちも良くわかるであろう。私の独り子の光栄の母体となる私の花嫁が私の喜びであることを良くわかるであろう。地球の最初の女王エワを不従順の理由で私が罰したのと反対に、至純なる謙遜と自己卑下の聖マリアに最高の威厳を与えることも良くわかるであろう」。至聖なるマリアの準備の最終段階は、新しい性質、習慣において、神の生ける姿に近くし、永遠なる御父と本質的に同じ永遠なるみ言葉が入る同じ鋳型となるためです。従って、至聖なるマリアという神殿はソロモンの神殿よりももっと美しく、純金で覆われ、神からのもので輝いています。御子の御母は可能な限り御父に似ています。私が全く驚嘆するのは、この天のお方の謙遜と神の御力の間の競争です。聖マリアは、神によりますます高く揚げられ、神の次の高みに達すると、自分をますます卑下し、最も下級の被造物の下に自分を置きます。全能者が注目した聖マリアの謙遜を考えながら、全人類は「めでたし聖マリア」を唱えるべきです。