第2書 第7章 聖ヨゼフとの素晴らしい婚約

神が聖マリアに現れ、聖ヨゼフと結婚するように言われたとき、終生乙女の誓願を何回も繰り返していた聖マリアにとって意外中の意外でしたが、自分の判断を捨てました。望みのないときに望み(ローマ四・十八)、主に答えました。「永遠の神、理解を越える王、天地の創造主、風も海も全ての被造物を支配する主よ、あなたの卑しい婢をお使いください。私にはあなたに従う義務しかありません。み旨ならば、結婚という苦境から解放してください」。この答えには少し気がかりがうかがえますが、聖アブラハムが神によ、息子イサクを生贄にするようにと言われたとき、聖アブラハムが示したためらいよりずっとましです。聖マリアは悲しみましたが、もっとも英雄的従順を発揮しました。自己を放棄し、主に委ねました。王なる主は答えられました。「マリアよ、心配するな。自己放棄したあなたを引き受けよう。私の力は律法に縛られない。あなたにとり最善のことを私は行う」。聖マリアは神の命令に従う気持ちで一杯でした。愛、確信、信仰、謙遜、従順、純潔、その他の数えきれない諸徳はますます増えました。そうしているうちに神は、祭司長シメオンの夢のなかに現れ、ナザレトのヨアキムとアンナの娘、聖マリアの婚姻の準備をするように言われました。聖なる祭司は、どなたが聖マリアの夫になりますかと尋ねました。主は、他の祭司たちや学者たちに説明するようにと答えました。つまり、この乙女は今、孤児になっており、今まで結婚しないつもりでいたが、長女は結婚するまで神殿にいるのが習慣であるから、この乙女も適当な人と結婚すべきであると。最も思慮深く謙遜な聖マリアは祭司に申し上げました。「私の気持ちだけ申しあげるなら、神に御恩を返すため、生涯この神殿で私を捧げたいと思いました。結婚のことは夢にも思いませんでした。私の御主人様、あなたは神の代理人でいらっしゃいます。どうぞ、神のみ旨をお聞かせください」。祭司は答えました。「私の娘よ、あなたの聖なる願いは主のお喜びになるところである。しかし救世主来臨の預言がある以上、イスラエルのあらゆる娘たちは結婚しなければならない。我が国民のなかで子供を産む全てのものたちは幸せであり祝福されている。婚姻においてあなたは神に本当に仕えるのである。あなたの希望を叶える将来の夫は、神のお喜びになる人であり、ダビデ家の血統を引かなければならない。あなたも私たちも、あなたの夫が見つかるように祈ろう」。その後九日間、聖マリアは泣きどおし、祈りどおしで、主のみ旨が成就することだけしか頭にありませんでした。主は聖マリアに現れて言いました。「私の浄配、私の鳩よ、あなたの聖なる希望に添い、あなたが繁栄すべき夫を私の僕たちのなかから選ぼう。私たちはあなたをいつどこでも保護します」。至聖なるマリアは答えました。「私の霊魂の最高善と愛の御方、あなたは私の誕生のときから私の胸に与えた希望を御存じです。私があなたのため、あなたにより願います。私の主、私の神よ、私は役立たずの小さな婢です。弱くて嫌悪すべきものです。もしも私が婚姻における徳からはずれると、あなたと私自身をがっかりさせることになります。私を守り、私の不徳を大目に見て下さい。私は無用の塵です(創世十八・二十七)が、あなたの偉大さに頼り、あなたの限りない慈悲を信頼します」。私たちの王女マリアが十五歳になったとき、ユダ族でダビデ家の血統にあたる男たちでエルサレムにいた者たちは神殿に集合しました。女王もダビデ家の子孫でした。ナザレト出身のヨゼフも神殿に集まった男たちの一人でした。三十三歳で男前もよく、快活で謙遜、重厚さがありました。考えも行動も大変貞潔であり、あらゆる点で聖人でした。十二歳のときから純潔の誓願を始めました。神殿に集まった独身者全員は、祭司たちとともに聖霊の嘆願を祈願しました。いと高きお方の御声に従い、祭司長たちは一人一人の手に乾いた杖を置き、聖マリアの配偶者に選ばれるよう、王なる神に願うように申し渡しました。聖マリアの聖徳と高貴な香り、美しさ、謙遜は全員に知れ渡っており、全員心から憧れました。ただ独り、謙遜実直なヨゼフはそのような祝福を受けるに値しないと考え、自分の純潔の誓願を思い出し、全てを神のみ旨に委ね、同時に、最も高貴なマリアを崇めることにおいては誰にも負けませんでした。皆が祈りにふけっていると、ヨゼフの手にある棒から芽が出て、真っ白で輝く鳩が降りてきて聖ヨゼフの頭にとどまりました。神が彼の心の中に語りました。「ヨゼフ、私の僕よ、マリアをあなたの妻としなさい。マリアを尊敬して受け入れ、何事もマリアの言う通りにしなさい」。天のこの印を見て、祭司たちは聖ヨゼフが乙女マリアの夫として神から選ばれたと宣言しました。呼び出され、聖マリアは皆の前に現れました。天使たちよりも美しく、高貴と優雅にあふれていました。祭司たちは婚姻の式を執り行いました。天の王女は天空の星よりも清く、涙を流し、悲しそうでしたが、女王としての威厳があり、最も謙遜でした。祭司たち、先生や少女たちの祝福を受け、赦しを乞いました。神殿生活の間に親切にしてくださったことを感謝しました。短い重みのある言葉でした。こうして神殿を立ち去ることは聖マリアにとって悲しいことでした。神殿奉仕者の代表たちと一緒に、夫の聖ヨゼフに付き添い、ナザレトに行くことになりました。ナザレトに着き、天の王女は両親の残した財産や不動産を相続し、両人の友達や親戚から歓迎されました。この聖なる二人は人々から解放され、二人きりになり、しきたりに従い、二、三日の間、お互いをよく知り、お互いを助けるように相談しました。聖ヨゼフは聖マリアに言いました。「私の妻、貴婦人よ、私はあなたのそばにいるのに値しませんが、主が私にあなたの夫とする恩恵を下さいました。主の恩恵に報いるために助けてください。あなたの僕として私をそばに置いてください。私の本当の愛情によりお願いします。私の欠点を補い、私が身の回りの世話をしてあなたを喜ばせますように」。天の王女は傾聴し、すがすがしい面持ちで答えました。「私の御主人様、いと高き方があなたを私の夫に選び、私があなたに仕えるべしというみ旨を知らせてくださったので幸せです」。気高いマリアの言葉を聞き、聖ヨゼフは神の愛をますます燃やして言いました。「何でもおっしゃってください。あなたの僕はお言葉を待っています」。このとき、千くらいの天使たちが聖マリアを守護していました。しかし、聖マリアしか見えませんでした。男の人と二人きりでいるというのは、祭司長と偶然に一緒だった以外、今までなかったので、聖マリアは恥じらいと怖さが当然ありました。天使たちに取り囲まれ、聖マリアは言いました。「私の御主人様、神なる創造主を崇めることは正しいことです。神の善は無限で、神の審判は悟りえません。哀れな私たちに対し、神は偉大さと慈悲をお示しになり、私たちを召し使いとして選んでくださいました。全被造物のなかで一番、全被造物の頂いたもの全部よりももっと私に下さいました。私には受ける資格がありませんから、私の贈り物は全被造物への贈り物よりも多いのです。幼い時、このことやこの世の物のごまかしを神から教えていただき、私の霊魂と身体の童貞の終生誓願をたて、私自身を神に捧げました。私は神のもの、神は私の浄配で主です。ご主人様、私は生きている限りあなたの召し使いです。どうぞ私の誓願を全うできるようお願いします。私の決心を認め、あなたも同じ決心をされ、お互いを私たちの永遠なる神に生贄として捧げましょう」。最も貞潔な夫、聖ヨゼフは心から喜び、聖マリアに答えました。「私の女主人、あなたのお言葉で私は深く感動しました。私の考えを初めて打ち明けます。私も他の男たちよりもっと主の御恩を頂きました。主は、私が実直な心で主を愛するよう啓示されました。十二歳のとき、私は終生童貞でいと高き方に仕えるという約束をしました。あなたの誓願を助けるために、私の誓いを新たにします。あなたが心から主に仕え、主を愛するのをお手伝いいたします。主の恩寵により、私はあなたの最も忠実な召し使いになります。あなたが私の童貞としての愛を受け入れ、私をあなたの兄と思うようにお願いします。神が第一で、次が私です」。神は聖ヨゼフの純潔の徳を更新しました。聖マリアは自分の賢慮に従い、聖ヨゼフの心をさらに豊かにしました。至聖・至純なるこの夫婦の喜びは何も比べるものがありません。聖ヨゼフの心には肉欲的欲望の一かけらもなく、妻の聖マリアに仕えることだけしかありませんでした。二人は聖マリアの両親から相続した遺産を三等分し、神殿と貧者に寄付したあと、残ったものを生活にあて、聖ヨゼフが管理しました。私たちの王女は聖ヨゼフに仕え、家事に従事しました。聖ヨゼフは大工で貧乏でした。同じ職業を続けて生計を立て、貧乏な人たちに施しをしてもよいかどうか聖マリアに尋ねたところ、承諾してもらいました。二人はお互いを主人にする競争を始めましたが、聖マリアが勝ちました。男が一家の主(あるじ)ですから、聖マリアは全てにおいて聖ヨゼフに伺いをたてました。貧者に施し物をするのも、まず聖ヨゼフに許可を請いました。聖ヨゼフは喜んで承知しました。聖ヨゼフは、聖マリアの賢慮、謙遜、清純、その他の諸徳が自分の想像以上に素晴らしいことを知り、いつも感嘆し、聖マリアのそばにいる光栄を神に感謝しました。聖マリアは神と密接に交流していあすから、お顔の輝きはシナイ山で神に会ったモーゼの顔の輝き(出エジプト二四・三十)よりももっと素晴らしく、もっと威厳に満ちています。