第2書 第3章 信徳について至聖なるマリアがどのように実行されたか

聖マリアは、徳行の美しさと組み合わせについて啓示を受け、いと高き善に捧げていたので、徳をいつも忘れることなく喜びながらすぐに行いました。このことは私たちの理解を越えているのですが、一つわかることは、聖マリアは全被造物よりももっと素晴らしい美であり、神ご自身の次に位置することです。聖マリアの完全さには欠けることがありません。神より頂いた諸徳の他、聖マリアは実践により諸徳を獲得しました。私たち人間は何回も良い行為をした後、一つの徳を獲得するのですが、聖マリアの一つ一つの行為は完璧で、私たちの諸徳よりも優れています。聖マリアの行為の目的は神ご自身あり、主なる神の栄光を少しでも増やせるかどうか、はっきりしない行為は何一つしませんでした。神から頂く諸徳には二種類あります。第一は、神を直接の目的とし、対神徳と呼ばれる信徳、望徳と愛徳です。第二は、その他の全ての徳で、神に向かうための手段を与える徳です。道徳的諸徳と呼ばれる四つの枢要徳である賢慮、正義、堅忍と節制に集約されます。これらの全ての徳は、聖マリアにおいて完全で、聖霊の賜物により強化されています。聖マリアが胎にいたときから、神はお与えになったのですが、それに加えて聖マリアは御自身の功徳ある行為により諸徳をさらに育てあげました。聖エリザベットは聖マリアの偉大な信仰の偉大さを歌いあげました。(ルカ一・四五)。聖マリアの信仰は神の御力の姿です。我々の信仰の不足を補います。諸国民が信仰の祝福を失った歴史も思い出しましょう。自分たちの資格がないのに、頂いた信仰をないがしろにしたので、この嘆くべき損失を回復するため、少なくとも一人の人間が信仰の徳を完成し、全人類の模範となることが必要でした。聖マリアは信徳の本来の姿を完全に習得したので、全人類が各自の信徳を測る物差しとなりました。聖マリアは祭司長、預言者、使徒、殉教者や世の終わりまでキリストの教義を信じる者たちを初めとし、全人類の先生です。聖マリアは信じたこと全てを知っていましたし、知ったこと全てを信じました。信仰の神秘が信頼されるべきことを神から教えられ、この信用を完全に理解していました。聖マリアの知識はいつも現実でした。一度覚えたことを決して忘れませんでした。理解の賜物は深い信仰の絶えざる実践につながりました。聖マリアの信仰と愛は、全天使たちや諸聖人のそれよりも優れていました。聖マリアが神により、神の直視と認識を与えられたことは天使たちにも理解できないのですから、地上の人間は、完全な信徳を得た天上の聖マリアから信徳を教わりたくなるでしょう。不信心者、異端者、異教者や偶像崇拝者が聖マリアのところに来て、自分たちの間違いに気づき、人生の目的に達すことができますように。カトリック教徒も、信徒たちとともに信仰を深めますように(ルカ七・五)。聖マリアの信仰に到達できませんが、聖マリアを見倣う望みを起こしますように。太祖アブラハムは全信者の父です。希望するすべはなかったときに、なおも望みを抱いて信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と約束されていた通りに多くの民の父となりました(ローマ四・一七~一八)。アブラハムの妻は、医学上妊娠できない体でしたし、高齢に達していたのにも関わらず、主は約束通りに独り子イサクをお与えになりました。この大事な息子を生贄に捧げよという神の命令にアブラハムは従う信仰がありました。この信仰により、アブラハムは全信者の父となり、信仰の印である割礼を受けたのです。アブラハムの称号よりももっと偉大な称号である「信仰の御母」と「全信者の御母」が聖マリアに与えられています。聖マリアの信仰と威厳は、アブラハム以上です。処女懐妊と出産は、高齢・不妊者による出産よりも、もっと理解しにくいです。アブラハムはイサクを生贄にすることに確信はありませんでしたが、聖マリアは至聖なる御子が必ず生贄になることを確信していました。聖マリアは全教会がいと高き方を信じ、救いの御業を信ずべきことを示しています。我らの救い主にして先生であるキリストは、聖マリアを御自分の教会の信仰の共同創立者、教会の母の模範に任命しました。最後の審判において、御母がキリストを信じなかった人たちを審判する副裁判官になることを決められました。