第2書 第1章 聖母の神殿における奉献

三年の月日が満ち、ヨアヒム、アンナに抱かれた至聖マリアと二、三人の親戚がエルサレムに旅立ちました。この質素な一行は人々には注目されませんでしたが、目に見えない天使たちが付き添っていました。天使たちはいと高き御方の栄光と賛美を歌いました。天の王女は天使たちを見聞きし、アンナの腕から降り、早足で歩きました。エルサレムに到着し、両親は大喜びでした。神殿に着くと聖アンナは娘の手をとって歩きました。ヨアヒムも付き添いました。この三人は熱心に祈り、娘を主に捧げ、この至聖なる子供も敬意をもって自分を主に捧げました。マリアだけがいと高き御方の御声を聞きました。「愛する者よ、私の配偶者よ、私の神殿によくぞ来ました。私を讃え、拝みなさい」三人は祈り終え、立ちあがり、祭司の所に行きました。両親は子供を祭司に引き渡すと、祭司は三人を祝福しました。皆は一緒に神殿の特別な場所に行きました。そこで大勢の少女たちが隠遁と徳行に励みながら成長し、結婚できる年齢まで暮らすのです。ユダ族の王家やレビ族の聖職者階級の長女たちのための特別に設けられた隠遁の場所です。この住まいに通じる十五の階段を他の祭司たちが降りてきてマリアを歓迎しました。マリアを迎える役を仰せつかったのは下級の祭司ですが、この祭司はマリアを一番下の段に立たせます。マリアは祭司の許しを得てくるりと向きを変え、父母の前に跪き、祝福を願い、両親の手に接吻し、神への仲介の祈りを唱えてくださるように頼みました。聖なる両親が涙ながらに祝福を与えると、マリアは十五階段を助けなしに昇りました。比べられない熱心さと喜びで、後ろを振り返らず、涙を流さず、両親との別れを悲しまず、急ぎ足で昇ったのです。幼い少女が不思議な威厳としっかりとした気持ちを示したのを見て、見守る人たちは感嘆するばかりでした。祭司たちはマリアを少女たちの仲間入りをさせ、聖シメオンは、女預言者アンナや他の先生たちのクラスに入れました。聖なる預言者は主の特別な恩寵と教示により、マリアを受け持つ準備が出来ていました。神の母、そして全被造物の女主人となるべきマリアを、教え子にする任務を特別な恩恵であると感じたのです。マリアの両親は、マリアという家宝を失い、悲しみながらナザレトへ帰ることになりました。しかし、神に慰められました。当時、聖祭司シメオンはマリアの秘密を知りませんでしたが、マリアの聖性と主に選ばれたことを神から教わりました。他の祭司たちもマリアを心から敬いました。マリアは十五の階段を昇ってヤコブの夢を実現しました。この会談でも天使たちは昇り降りしており、一団の天使たちはマリアに付き添い、他の天使たちは上で出迎えました。最上段で神は娘として、配偶者としてのマリアを待っておられました。マリアは充ち溢れる愛を感じ、ここが神の家であり、天の門であると分かりました。子供マリアはアンナ先生の前に跪き、礼儀正しく祝福を願い、先生のクラスに入れてくださるよう、また困難なとき、寛容に取り扱って下さるように頼みました。預言者は喜び、言いました。「私の娘よ、母の代わりにお前の面倒を見たり、教えてあげましょう」。聖なるこの子供は同じような謙遜で、同席の少女たちに挨拶をしました。自分を召し使いとして扱い、自分に教えたり用を言いつけたりするように頼み、クラスに入れてくださった親切を感謝しました。シメオン先生は、アルコーブ(壁に設けたくぼみ)を一つづつ学生一人一人の小部屋にしました。天の王女は石の床の上にひれ伏し接吻し、主が神殿の一部を与えてくださったこと、この聖なる場所を大地が提供してくれたこと、自分がこの場所にいる価値がないことを主に話し、感謝しました。天使たちに言いました。「天の王子たち、全能者の伝言役、私の親友たちよ、この聖なる神殿から私から一時も離れず、私に義務を思い出させてください。私の先生とも、道案内ともなり、私がいと高き御方の御旨を果たし、祭司、先生や、クラスメートたちに従順であるように見守ってください」。黙示録の十二位の天使たちにマリアは言いました。「私の天使たちよ、もしも全能者が許可して下さるなら、悲嘆にくれている私の両親のところに行き、慰めてください」。十二位の天使たちがこの命令に従っている間、マリアは強い力と甘美を感じ始めました。霊化され恍惚状態に入りました。直ちにいと高き御方はセフィラムに命じ、マリアの至聖なる霊魂を照らされました。マリアの身体と霊魂が聖三位一体にお会いするための準備でした。この接見はマリアの三年間の生涯にとって二度目です。御父は御子の御母に将来なられる方に言われました。「私の愛する者よ、あなたが私の不変性と無限の完全さを見て、私の光栄の後継者として選ばれた者たちや子羊の生ける血により救われた者たちが、頂くことになっている隠された宝を見て欲しい、へりくだるものを敬い、貧者に施し、踏みにじられたものを助け起こし、人間として私の名の下に行い、苦しむ全ての人たちのため私が貯えておく宝物の数々を、私に選ばれたあなたがよく見て、その証人になって欲しい」。その他の多くの秘密がこの聖なる子供に見せられました。至聖なるマリアは答えました。「至聖なる永遠の神よ、あなたはっ壮大さにおいて計り知れず富に溢れ、秘密については言語を越え、約束を厳守し、真実を語り、御業は完璧です。あなたは最も高く、完全さにおいて無限永遠であられます。至高なる主よ、いと小さきものの私があなたの壮大さを見て何をすべきでしょうか?私はあなたの偉大さを見せていただく資格がありません。あなたの御前に全被造物は無です。私はあなたの召し使いで塵にすぎません。あなたの御望みで私を満たしてください。人が耐えないといけない困難や迫害、謙遜や柔和があなたのみ旨に叶うならば、そのような宝やあなたの約束を私から取り除かないでください。ああ、私の愛する方よ、しかし、艱難の報酬はあなたの召し使いや友達に与えてください。私は何もしていませんので、その方たちのほうが頂く資格がわたしよりもあります」。お喜びになったいと高き方は、この天の子供は神を愛するため生涯苦しみ、労働しなければならず、いつどのように苦しむかを教えてもらえないだろうと言われました。天の王女は、神の光栄のため働き苦しむため選ばれたことの祝福と恩恵を感謝しました。貞潔、清貧、従順、一生涯神殿に隠れ住む誓願をする許可を主に願いました。主は答えました。「私の配偶者よ、あなたは一生の間に何に出会うかを知らず、あなたの現在の希望をそのまま全部成就できないことも理解できません。地上の富から離れることと貞潔を喜んで許可しよう。他の乙女たちもあなたを見習うべきであり、あなたは彼女たちの母となるのである」。この至聖なる子供は誓願し、他の誰よりも熱心に忠実に実行することになりました。ここで主の幻視は終わり、主に最も近いセフィラムの幻視が始まりました。セフィラムたちはマリアの側に来て彼女を飾り、着物を着せました。まずマリアの全感覚が輝かしい光に照らされました。この上なく壮麗なマントがお肩にかけられ、色々な色の透明な宝石の帯がつけられ、うっとりする美しい首飾りが掛けられ、つながった三つの大きな宝石が御胸のところにきており、信望愛の三大徳を象徴しています。御手には見たこともないような美しい指輪が七つ飾られ、聖霊の最も傑出した賜物を意味します。御頭には世には知られていない材料で作られ、最も貴い宝石がちりばめられた王冠が載せられ、神の配偶者、天の女王をあらわしています。白い輝く着物に、金色の文字できれいに書かれている言葉は、「マリア、永遠なる御父の娘、聖霊の浄配、そして真の光の御母」です。最後の称号はマリアには理解できませんでしたが、天使たちはよくわかり、主のほうを向きました。聖三位一体の玉座から御声がマリアにかかりました。「あなたは私たちの浄配です。永遠に全被造物のなかより愛され選ばれたものです。天使たちはあなたに仕え、全世界と全人類はあなたを祝福された者と呼ぶべきです」(ルカ一・四八)。浄配としてマリアを迎え、神であるみ言葉がマリアに宿られるからです。マリアは申し上げました。「あなたは至高の王、人知を超える神であられます。あなたは、あなたの慈悲に値しない私をご覧になって下さるとは、私は何物でしょうか?私は自分の卑しさと汚さを間違えなく見、御身の慈悲に値しない私をご覧になってくださるとは、私は何ものでしょうか?私は自分の卑しさと汚さを間違いなく見、御身の無限を崇めるともに、私の無を軽蔑します。あなたを見るとき、全被造物から忘れられ、無視されるべき塵の私の側に、無限の王が、身をかがめてくださったことに、私は驚きのあまり消えてなくなります。塵である私を高め、天使の群れに加えてくださるというあなたの慈悲、無限の富と壮大さを理解できるのは天使です。ああ、私の王よ、私の主よ、あなたは私の配偶者であり、私はあなたの婢です。私の最高善であり、私の唯一の愛しき方であるあなた以外のいかなるものを理解したり、記憶したり、楽しんだりしません。あなただけが、あなたの浄配である私のためであり、私はあなただけのものです」。天の王女の同意を喜ばれたいと高き方は、ご自分の配偶者である全被造物の女主人に、恩寵の全てを与えられ、さらに彼女の希望するものは何でもプレゼントしたいと考えられました。最も謙遜な鳩は、直ちに御前に進み出て、人間の救いのために御独り子を世に送ってくださるように懇願しました。全人類が神を正しく知るように、自分の父母が御手からもっとたくさんの贈り物をいただくように、貧しく困っている人々が慰められるようにお願いしました。その他の切願もなされた後、全ての天使たちはいと高き方を褒めたたえる新しい歌を歌い始めました。この合唱の最中、多くの天使たちは最高点からマリアをマリアが預けられた神殿に連れていきました。マリアは主に約束したことに取りかかりました。二、三の書物と着ている着物以外の全てを聖アンナ先生に渡し、貧しい人に与えるようにお願いしました。神意を感じとった先生は、マリアを一文なしの貧しい人にしてしまい、特別に面倒を見ることになりました。他の少女たちは、着物や必要なものを買うお金を持っていました。この聖なる先生は、主任祭司に相談してからマリアに生活指針を与えました。マリアは神を熱心に愛することと自分自身を卑下することだけに専念しました。