第1書 第4章 人間の創造と堕落  

第六日目に、神はアダムを創造されました。年齢は三十三歳で、キリストの享年と同じです。アダムの体はキリストそっくりでした。アダムの霊魂もキリストと似ていました。アダムからエワが創られました。エワは容姿において聖なる乙女に似ていました。神はこの二人にたくさんの祝福を与えました。サタンは人祖の創造をずっと待っていました。サタンは人祖がどのようにして創造されたかは何も知らされませんでしたが、創造された人祖が他のいかなる被造物よりもはるかに優れているのを目のあたりにしました。アダムとエワの霊魂と身体の美しさ、主がかけた愛情、永遠の生命の希望を見て、サタンは怒り狂いました。嫉妬もすさまじく、二人を殺そうとしたのですが、神の力に守られている二人に手を出せないため、二人からいと高き方の恩寵を失わせようと陰謀をめぐらしました。ルシフェルが誤解していたことを説明しましょう。アダムとエワをキリストと聖母マリアであろうと疑いました。アダムとエワの創造に無知であったように、受肉の神秘と時期については何も知らなかったのです。キリストと聖母マリアに対する怒りは激しく、御二人に占領されるであろうことは知っていても、納得できませんでした。天の元后は神ではなく単なる被造物でしかないのに、自分を征服するであろうことに我慢できなくなり、御二人を罠にかけ、神の御計画をぶち壊すことに全力をかけました。サタンは、まずエワに近づきました。女性は男よりもろく、弱く、男であるキリストでないことをよく知っていたからです。女については自分の頭を踏み砕くという神からの予告があったので、女エワにたいしては、男アダムにたいするよりももっと怒り狂っていました。サタンはエワにあらわれる前に、エワの心のなかに様々な混乱した思いや空想をおこさせ、興奮や執念で自己コントロールを失わせました。そして蛇の姿であらわれたのです(創世二・一)。エワは禁じられた会話に引き込まれ、蛇に受け答えしている間に、蛇の言うことがもっともだと思いました。そして神の掟を破り、夫にも神の命令を背かせました。こうして人祖たちは滅亡に向かい、人類全体も同様に幸福な立場を失いました。人祖たちが罪を犯し、醜い姿となった時、サタンは小躍りして喜びましたが、神は人祖たちに慈愛を示し、罪を許し、罰の償いを与えたのを見て驚きました。人祖たちは悲しみ、痛悔したので、罪が赦され、恩寵が戻ってきました。「女は汝の頭を踏み砕かん」(創世三・十五)という神の御言葉を繰り返し聞かされて、サタンはもっと悩むことになりました。楽園追放後、エワの子孫は増え、善人と悪人は両方とも増加し、キリストに従うか、サタンに従うかに分かれました。善人はキリストを指導者として仰ぎ、忠実、謙遜、愛徳、その他の諸徳をもって仕え、救世主の功徳により、神の恩寵を受け、助けられ、美しくなりました。それに反し、悪人は偽の指導者から何の恩寵も受けず、混乱と永遠の苦しみしか期待できず、誇り、間違った思い込み、淫らなことや不正を心のなかに抱きしめて、嘘つきの父のあとをついて行きました。このような悪人の最初は不正なカインで、エワから生まれることを神は許しました。他の子ども、アベルは我らの主キリストに似たものとして最初の義人になりました。他の全ての義人たちはアベルに従い、正義のために苦しみをうけました(マタイ十・二十二)。悪人の勝利と義人の苦悩、つまり、神に見捨てられたものたちの国バビロンと神を畏敬するものたちのエルサレムは現在も続いています。神は、人祖アダムが御独り子の到来を準備するように望まれ、人類の繁栄を許し、人々が人類の首長であり王である御独り子にいつも従うように計画しました。そのため、選ばれた高貴な民がみ言葉の祖先となりました。その系譜は福音史家が書き記した通りです。神の民にむけた愛はずば抜けています。信仰の玄義や聖なる秘跡は聖なる教会に委託されました。イスラエルを見守る神は片時も眠りません(詩編二十一・四)神は立派な預言者や王を育て上げ、預言を送りました。いろいろな啓示により、神の不変の真理を選ばれた民に教えました。聖なる書物に記された広大な神秘は、受肉されたみ言葉により完成されます。キリストにより教えられた信仰の確かな道や霊魂の糧は、預言者たちや選らばれた民が長く待ち望んでいたものです。