第1書 第2章 神の不可知なる御本性。創造への神慮 

ああ、王よ、いと高き主よ、あなたのみ旨は計り知れず、御身の摂理は知ることができない(ローマ十一・二十四)。無敵の神は永遠に存在し、神の起源はわかりません。あなたの偉大さを誰が理解できますか?あなたの最も壮大な御業に値するために、私はなにをしましょうか?あなたが、なぜ創造の御業をおこなったのかを語ることができる人はいますか?(ローマ・九、二十)偉大な王よ、あなたの奴隷であり、塵にすぎない私に、偉大な諸秘跡と崇高な精神を教えてくれたことに感謝します。御父、御子と聖霊よ、あなたたちは全く一致しています。御父は造られたものではなく、始まったものでもありません。御子と御父は共に永遠に存在します。聖霊は御父と御子の間の愛です。不可分の三位一体には、順番も大小の差もなく、永遠に同等です。光栄、偉大さ、力、不変、知恵、聖性などの全ての属性において同じです。至聖なる三位一体よ、あなたたちは、同じ知識があり、お互いを無限に愛しています。そしてあなたたちの知識、愛、行いは、一つであり、離すことができず、同等です。神よ、あなたは被造物にあなたの慈愛をおこなうとき、無限の宝を被造物に与えてくださいます。あなたが賜物や恩寵をくださることは、煙が高くあがっていくよりも、石が落下するよりも、太陽が地上を照らすよりも、もっともっと自然なことです。あなたが、賜物を被造物に与えることにより、被造物を聖とし、義とし、感化させます。神よ、あなたは私たちと交流することで賜物を与えてくださいます。この交流で、私たちは神の偉大さにより大きい光栄を帰すことになります。そして「交流」には順序、規則があります。順序の第一番が「神の御言葉」が受肉し、人間の眼に見えるようになることです。第二番目は、そのほかの全ての人間の理想が第一番目を模倣することです。私たちの人性は肉体と霊魂から成り立ち、創造主を知り、愛し、善悪を区別する能力、同じ主を愛する自由意志を与えられています。全ての賜物と恩寵は、神性を有する我らの主キリストの人性に与えられています。賜物は、神であり人である御子の人性に向かって流れました。このお方は全被造物の頭でもあります。この方の御母が神の御計画の二番目で、その他の全被造物よりも前になります。至聖なる御子の人性の威厳、優秀さと賜物を備えなければいけません。御母に向かって、直ちに神性の川は勢いよく流れました。この至聖なる御母が、時の初めから、そして時の始まる前に、神の御心のなかに生まれたのを知り、全能なる神を心から崇めます。御母があらゆる被造物より尊敬され、褒めたたえられますように。御母の創造は、天地全体の創造よりももっと尊いこと、天地全体よりももっとも大きい宝物であることを充分に知らされた私は、この事実が知られていないことに悲しみます。神の御計画は、聖母マリアに聖性、完全、賜物と恩寵が御子により与えられることです。神は天使を九階級に創造しました。天使の使命は神の光栄をあらわすこと、神の命令を伝え、神を知り愛することです。そして、神聖な人間となられた永遠のみ言葉に仕え、み言葉を人間の頭として認め、諸天使の元后である聖母マリアを通して褒めたたえることです。善天使の将来や、悪天使の反対も神は見抜いています。天使には自由意志が与えられていますから、神に従うか、自己愛の高慢と不従順を示して神に反抗するかを選べます。神は御自身の光栄と善天使に対する報酬のために天国を造りました。地球や他の天体は他の被造物のために、そして地獄を悪天使の処罰のために、地球の奥深い中心に造りました。キリストのために人間が御計画通り創造されました。人となられたみ言葉が人間を兄弟姉妹にするように、その人たちの頭となるように神がお考えになったのです。人類は一人の男と一人の女から始まり、増えました。救い主キリストのお陰による恩寵の賜物と、またアダムとエワの罪は予見されていましたが、元后となる聖母は別でした。人々はキリストにより赦されることも予見されています。私たちの自由意志を尊重して神は決定されました。神は、神はなぜご自身を現したか、創造主である罪の贖うものの偉大さを私たちが褒め讃えないといけないかをこの神秘で教えます。しかし私たちはこの義務を怠り、恩恵に感謝していません。人々の忘れっぽさについて、いと高きかたが怒っておられるのも私にはわかります。主は、私が人々の忘恩について罪を負わず、その代わり、主を賛美し、全被造物を代表して主を崇めるように勧告されました。謙遜の徳について無知でした。今でも謙遜ではありませんが、謙遜につうじる道を教えていただきました。ああ、いと高き主よ、御身の光は我を照らし、御身の燈火は道を示す(詩編百十八・百五)