第1書 第8章 マリアの幼少期  

この王女である子供は同年の子供たちと同様に育てられました。違った点は、食事の量が少量で、睡眠時間も短く、両親を困らせることなく、決して自分のことで泣きませんでした。最も可愛らしい子供でした。世の罪のため、主の来臨のため、しばしば泣き、嘆息しました。普段は快活で、荘厳さがあり、決して子供っぽくはありませんでした。賢慮なる母アンナは誰とも比較できない心配りと愛情深さを示しました。ヨアキムも同じでした。子供マリアも、大変神から愛されているヨアキムを愛しました。父は他の人たちよりももっと娘を愛撫しましたが、尊敬、謙遜、控えめの気持ちを決してわすれませんでした。幼少の元后は恩寵に充ち満ちていました。自然の理と恩寵は互いに協力しました。眠っているとき、愛徳も他の徳も感覚にたよらず行われました。この特権は神の御母で、全被造物の女王にとり特別ですが、他の人々にも、ある程度与えられているようです。普通の子供が生後一年間話せないのは知能が発達せず、会話に必要な他の能力もないからです。幼少である元后は御宿りのとき以来、諸能力が完備しており、口を開け、舌を動かして話すことができたのに話さなかったのは、人々を驚かさないという聖マリアの知恵と英雄的な謙遜のためです。子供のマリアは両親の手に恭しく接吻しました。この接吻は両親が生きている限り続きました。両親に対する尊敬は従順によって示されました。両親の考えは、言葉に出さなくとも、マリアにはすぐわかりましたので、お考えに添うように努力しました。二歳になったとき、貧者に対する特別の同情と愛徳の行いを始めました。母アンナから施し物をねだり、心優しい母からなんでも頂きました。貧者のため、そして至聖なる娘のためでした。慈悲と愛情の女主人であるマリアが貧乏人を愛し、敬うためでした。頂いた物だけでなく、自分自身の食物も貧者に分配しました。施しの時には、貧者のために取り次ぎ、身体と霊魂から重荷を取り除くというもっと大きな恩恵を与えたのです。もっと拝むべきことは、同年輩の子供たちと一緒に読み書きを習うという謙遜と従順です。読書などは両親から教わりましたが、聖なる母アンナは、この天の女王に見とれていました。同時に、王女を通していと高き御方を祝福しました。全能者が定めた三年が近づくことの恐れと、自分の誓願が時間通りに行われるという自覚が強くなってきました。アンナと夫が頂いた恩恵の数々を思いだしました。娘マリアが神殿の奉献を自分から言い出したとき、アンナはみ旨通りに娘を主に捧げることを決めた反面、掌中の宝物を失いたくない強い感情に悩まされました。この大きな悲しみでアンナは死んだかもしれないほどでした。マリアは自分の命以上に大切でした。「私の愛する娘よ、長年お前の誕生を願いました。そして神はその願いをかなえてくれました。しかし三年間しか一緒に住むことができません。神のみ旨を行うために、お前を神殿に捧げる神への約束は果たさないといけません。」とアンナは娘に言いました。至聖なるマリアが満三歳になる二、三日前、神殿の出発のときが来たこと、神の奉仕に奉献されることを教えられました。マリアの最も清い霊魂は、喜びと感謝のうちに神に申しあげました。「アブラハム、イサクとヤコブの最高なる神、私の永遠にして最高なる神、私はあなたを賛美する価値はありませんので、私の代わりを天使たちにしてもらいます。御身は何も必要とされないのに、地をはいずる卑しい婢である私に尽きることのない慈悲をくださいました。私が実家を離れることを悲しむ両親に、御身の御意志に従うよう鼓舞してください。」同時に、聖アンナは娘が満三歳になるときの奉献の様子を幻視しました。アブラハムの息子がイサクを生贄に捧げようとするときよりも、アンナには悲しいことであったに違いありません。主はアンナを慰め、娘がいなくなる後アンナを助けると約束しました。聖ヨキアムも同じ幻視を頂きました。ヨキアムにとっても悲しいことでした。