第1書 第七章 原罪の汚れなきマリアの御誕生とその御名 

聖母の至聖なる御心における神への愛は、創造の瞬間に母体のなかで始まり、決して中断されず、光栄の永遠にわたり続けられておられます。今、聖母は御子の右に座し、その光栄にあずかっております。最も幸いなる母、聖アンナは、聖霊の御加護に満たされた妊娠の日々を送りましたが、み摂理は、困難の重荷をも与えました。この重荷なしに恩寵は獲得されません。これを理解するために、サタンと一族が天から地獄の拷問のなかに投げ落とされた後も、古い律法の間、地上を徘徊し、優れた聖性の女性全員を密かにのぞき見していました。「女」の印を満たし、「女」の踵が自分の頭を傷つけ、砕くことになっている(創世三・十五)のを知っていたからです。ルシフェルは人間に対して怒り狂っていたので、この探索を自分自身でし、徳を積み恩寵を頂く点で傑出した女性全員の身辺を一生懸命、見回りました。悪意とずるさで一杯になったルシフェルは、優秀なアンナの非常な聖性と生涯の全てに眼をつけました。聖アンナの胎内の「宝」の素晴らしさに気づきませんでしたが(他の多くの神の秘密もみることができなかったのですが)、聖アンナから発せられる強大な影響力を感じたのです。この力の源が判らなかったので、ますます怒り狂いました。この妊娠も普通の妊娠に違いないと自分に言い聞かせて気を静めるときもあったのですが、心配はなくなりませんでした。大勢の天使たちが聖アンナの周りに仕えているのを見て、何とかして探り出そうとしたが阻止され、これは聖アンナの力だけではないと気付いたのです。聖アンナの命を奪いたいが、できなければ妊娠中に問題を起こしてやりたいと決心したルシフェルは、受肉されたみ言葉の御母や、世界の救世主の命を狙う身の程知らずでした。彼の傲慢さは、天使として人間よりも高い地位と能力があることからきています。そして、天使として自分が神のお陰で存在したことに気づかないのです。そこで彼は、様々な疑いを聖アンナの心に起こさせようとしました。しかし、この不屈の女性は、謙遜な堅忍不抜の精神で主に祈り続けました。この信仰のお陰で彼女はより一層の恩寵を頂きました。大天使たちが彼女を襲ってくる悪魔たちを追い払いました。自力を過信している悪魔は聖ヨキアムと聖アンナの家を壊そうとしましたが、聖天使たちにより敗退しました。今度は、一人の女にさんざんアンナに悪口を言わせましたが、聖アンナは、やさしく応対できるほど確固たる謙遜を持ち続けたのです。彼女がもっと大きな恩寵を頂けば頂くほど敵たちはもっと激怒し、彼女の女性としての弱さにつけ込もうとしましたが、全く手出しすることができませんでした。次の目標は彼女と夫の家に仕えていた召し使いになりました。この召し使いは強情なうえに、危険なことこの上なく、この一家を混乱させましたが、またもや聖アンナの勝利になりました。聖アンナ一家を監視していた天使たちは最も強力な天使たちの中から選抜されていたので、ルシフェルと部下たちに恥をかかせ、追い払いました。これ以上の妨害をルシフェルたちはできませんでした。天の至聖なる王女の誕生が近づいていたからです。この世にとって最も幸せとなった誕生日は九月八日でした。聖アンナは出産の時間を前もって主より聞かされ、主の御前にひれ伏し、御助けと御保護をお願いしました。至聖なる赤子マリアは大きな喜びに包まれ、お産のとき、通常は感じるべき感覚を一切感じないでこの世に生まれました。聖マリアは生まれた瞬間から純粋で汚点なく、美しく、恩寵に満ち、律法と罪から全く離れていました。聖マリアは他の赤ちゃんと同じように産着に着せられ、世話してもらいましたが、あらゆる人間やあらゆる天使たちよりももっと知恵がありました。聖アンナは自分一人で聖マリアの面倒を見ました。他の家事をする必要がありませんでした。全宇宙のなかで最も美しい宝物、あらゆる被造物よりも高位にある娘を腕に抱き、娘を主に捧げ、心のなかで祈りました。「無限の知恵と力ある主よ、万物の創り主よ、御身の富のなかから生まれた我が子をあなたに捧げ、感謝をいたします。私の功徳なしに、あなたはこの子供を与えてくださいました。母と子を御身のみ旨に委ねます。夫と私の惨めさを玉座からあなたは眺めてくださいました。この子を永遠なるみ言葉の住居と聖櫃としてくださいました。御身が救いの誓いを私の聖なる祖先や聖なる預言者たちに、そして彼らを通して全人類に与えられたことを感謝します。あなたは契約の櫃である娘を与えてくださいましたが、私は、主の召し使いになる価値はありません。どうぞよろしくお願いします。」。主は、この聖なる夫人に、天から授かりものである娘を普通の娘のように育て、愛情と気遣いを示し、それと同時に娘に畏敬の念を心のなかに持つように教えられました。我らの王女マリアが生誕にあたって、いと高き御方は、聖ガブリエルを古聖所にいる聖なる父祖たちにメッセンジャーとして送りました。天の天使が降って行き、深い穴を照らし、そこにいる義人たちにこの喜ばしい知らせを告げました。聖なる王たちが待ち望み、預言者たちが予告した人類の救いが始まったこと、すなわち、救世主の御母となるべき方が産まれたこと、人々の救いと神の栄光を近いうちに見ることを教えたのです。この偉大な元后の生誕八日目に、祝福された母の前に現れた天使たちは、アンナの娘はマリアと名付けられること、この名前が天から運ばれてアンナと夫ヨキアムに与えられることを神がお望みになったことを話しました。アンナは夫を呼びにやり、夫と話し合いました。夫ヨキアムは大喜びしてこの名前を拝領しました。夫婦は親戚や祭司を招いて命名式を執り行いました。