第8書 4章 キリストの受難とご聖体に対する聖母の信心、聖母が汚れなき御宿りと他の祝日をどのように祝われたか

教会の実際の運営に注意を怠らない一方、聖母は密かに苦行、善行に励み、いと高きお方より無数の賜物と祝福、及び、全信者の恩恵や大勢の霊魂の救いを頂きました。天の偉大なる女王として、多くの特権を頂いているにも関わらず、聖母は御子の生涯の行動や神秘をいつも記憶しれていました。晩年、神やあらゆることを見せる知的幻視の他に、主は聖母の御宿り以来、何事も忘れないという特権を聖母にお与えになっています。前述したように、聖母は、救い主イエスのご受難のあらゆる苦痛を心身ともにお感じになりました。主の御受難の傷跡は聖母の内部に刻み込まれています。御心の中にご受難により傷つけられた変形した御子のみ姿をいつも保存しました。主があらゆる状況、時と場所で受けた傷、暴行、侮辱や涜聖を聞きましたし、ご受難をありありと見ました。一日中この悲しい幻視は聖母の徳行を積むきっかけとなり、悲しみと同情を引き起こし、さらに別の苦行を行われることになります。救い主キリストが受ける傷や苦痛の一つ一つのため、聖母は特別な祈りと挨拶を唱えます。特別な賛美と礼拝の祈りです。ユダヤ人や他の敵たちの侮辱の言葉の一つ一つのため、涜聖の言葉の一つ一つのため、聖母は特別な讃美歌を作曲します。軽蔑の仕草、あざけりや個人的中傷のため、聖母は最も深い謙遜、跪きやひれ伏しを実行し、それらの侮辱を償おうとなさいます。こうして聖母は御子の神性、人性、聖性、奇跡と教義を告白します。全てのため、聖母は光栄と荘厳さを御子に帰します。聖母の善行に参加する天使たちは、単なる被造物におけるこのような知恵、忠実さと愛の一致を崇めます。聖母が御生涯にこれだけの善行しかなさらなかったとしても、諸聖人が神のために耐え忍んだことの全てよりももっと成し遂げられ、もっと大きな功徳になります。愛の力による聖母の御悲しみは殉教を何回も繰り返したのと同じです。もしも、主が生きながらえてくださらなかったなら、聖母は何回もご死去になったことでしょう。これら全ての徳行を実際に教会に捧げて下さったので、信者たちはその捧げものを不幸な人たちのために自由に使えます。この救いの宝に信者たちは感謝しなければなりません。聖母の黙想も驚くべきことです。聖母は血の汗を何度も流されました。血は御顔を覆いました。苦しみのとき、血の汗を全身に浴びました。血は床に落ちました。時々、心臓は極度の御悲しみのため、ねじれました。このようなとき、御子は天から降りて来られ、新しい生命力をお与えになり、御悲しみを和らげ、傷を癒してくださったので、聖母は同情の業を続けることができました。主は御復活節に聖母が悲しみを除くように望まれました。しかし、喜びや主に対する感謝のときでも、主の御苦痛は決して見失わず、同情の他の効果も感じておられました。主の甘美さのなかに、主の御受難は苦みを混合させました。聖ヨハネの承諾のもと、毎週金曜日、御子の御死去と御埋葬を記念するため、祈祷部屋に引きこもられました。その日の訪問客を聖ヨハネが応対しました。聖ヨハネの都合が悪いときは、他の弟子が変わりました。聖母はこの徳行のために木曜日の午後五時、自室にこもられ、日曜日の昼間で外に出てこられませんでした。教会の運営が疎かにならないように、聖母は天使に聖母の姿になってもらい、急ぎの件は早くしてもらい、教会員に対する愛徳業や家事も十分に果たしてもらいました。聖母のこの苦行の全貌は主のみご存じで、いつか私たちに理解させてくださるかもしれません。主がなさったこと全て、足を洗うことから苦痛の数々を受け、ご復活までの全てを記念し、体験されることを毎週毎週、聖母の御在世中続いていたのです。この業により聖母は大きな恩恵と祝福を頂いたので、私たち全員に御受難の宝に参加するようにお勧めになります。聖母はこの記念を続け、保つように希望されたので、教会の大勢の信者が見習うように主は命じられました。聖母はこの徳業において、ご聖体の秘跡を特に祝うように強く望まれました。主を崇める奉る聖母に、守護の天使たちや、最高天の天使たちが参加するようにお望みになりました。いと高きお方は天使の大群をお遣わしになり、キリストが聖母のなかに秘蹟に留まりなさる不思議をお見せになります。聖母のなかにキリストがおられるため、聖母はどの天使よりも、セフィラムよりももっと聖であることがわかり、天使たち光栄と賛美を神に唱えます。聖櫃にご聖体を安置するように、聖母が御自身のなかに保有するに値する以上に素晴らしいことは、聖母が聖体拝領の準備を毎日なさったことです。拝領の前日の夕方から祈祷部屋に入り、神の不変の真髄を拝み、御自身が卑しい身であるのにも関わらず聖なる秘跡における御子を頂くことを許してくださるように祈られます。秘蹟のうちに教会に留まりなさるがゆえに、教会を愛する主に訴えられます。主に対し、ご自身のご受難とご死去、主の人性と神性の一致、主のご生涯ちゅうの功徳、天使の徳と過去、現在、未来の義人の徳を捧げます。次に最も厳しい謙遜の業を行われます。神の無限に比べれば、塵と灰に過ぎない自分であることを公言されます。主を秘蹟のうちに拝領することを黙想し、心から、感動し、天に昇り、セフィラムやケルビムを越えて高く上り、御自身は全被造物最下等であると判断され、守護の天使たちおよびほかの全天使たちに、御自身を聖体拝領を受けるに値するように準備できるよう、主に嘆願することをお願いします。天使たちは聖母の言いつけに喜んで従い、聖母の嘆願にお供します。ミサの終わり近く、聖体拝領台に近づくにあたり、三度もうやうやしく跪き、愛に燃え、秘跡のなかの御子を拝領し、心から歓迎されます。拝領後、引きこもり、大事な用事のない限り、三時間一人きりでおられます。この時間聖ヨハネは聖母から光が太陽光線のように照射しているのを見ることがしばしばありました。聖母は、ミサの無血犠牲を祝うため、使徒たちや司祭たちが普段とは違う飾られた神秘的着物を着るようにしました。ご自身の手で飾りや秘跡用衣類を作り、教会の伝統を始めました。ローマ・カトリック教会で使われてきた物とだいたい同じで、材料はもっとよく似ていて、リンネルや絹で、聖母に与えられた施しものや贈りもので買われました。これらの材料を縫ったり、大きさを合わせたりしている時は、いつでも跪いたり立ったりしていました。これらを天使以外の聖具係には助けを頼みませんでした。これらの飾りや祭壇に使用されるものを大変よく整頓し、きれいにしておきました。御手から天の芳香が出てきて、司祭たちの魂を燃やしました。使徒たちが説教していた諸国、諸地方から、大勢の改宗者がエルサレムに来て、世の救い主の御母に会い、話しました。訪問者のなかには、地域の監督である首長が多くの高価な贈り物を持参し、聖母や使徒たち、弟子たちに贈りました。聖母はご自身が御子のように貧乏であり、これら高級品は自分たちの生活に不適当であることを答えました。訪問者たちは贈り物を貧者のため、そして、礼拝のために受け取ってくださるように乞いました。繰り返して頼まれたので、聖母は、贈り物の一部を受け取り、高価な絹を使って祭壇の飾りを作りました。残りは貧者、病者に分配しました。可能な限り困窮者を慰め、病人の最後の苦しみを和らげました。実際に愛徳を実行するか、自室で人々のために懇願するかして聖母は愛徳業を休んだことはありません。晩年になって聖母は寝食を極端に減らしました。聖ヨハネが少しでも寝るようにと頼んだので、少しは眠りました。しかし、この眠りは少しうとうとするぐらいで、三十分以上は続かず、その間も神の幻視を失いませんでした。聖母の食べ物は普通のパンを二口、三口、口にされるのと、小さな魚一匹です。聖ヨハネが口やかましく言われるため、そして、聖ヨハネの食事のとき、同席するためでした。聖ヨハネは聖母といるだけではなく、聖母の料理されたものを聖母が一人息子にするように給仕され、聖母から司祭として、キリストの代理者としての尊敬を受けたのは全くうれしいことでした。聖母にとって、わずかばかりの寝食は生命の維持に必要なかったのですが、人間性を尊重するため、従順と謙遜を実施するために行われたのです。聖母が教会のなかで保っておられる全ての義務と称号、すなわち、天の元后、女主人、御母、女監督、先生(教会博士)は、全能者から与えられたもので、意味もなく、実もない名前ではなく、恩寵の山を意味し、全能者がその一つ一つの恩寵を名指しされるのです。この豊富さはつぎのようになります。元后としての聖母は、統治権とその領域をすべてご存じです。女主人として権力の大きさを知っておられます。御母として、教会の終わりまでの全時代における教会員全員、一人の例外もなくよく覚えておられます。女監督として、聖母に従うもの全員をお知りになっています。先生として、聖母の御取り次ぎにより、聖霊の御導きにより、聖なる教会を教え、案内すべき知恵と知識を備えておられます。聖母以前と以後の全聖人の生涯、業績、死と天国における報いばかりではなく、教会のあらゆる儀式、決定や祝日が、教会が発足して以来、何の理由、動機、必要性、機会のため、聖霊の御助けにより設定されたことを明瞭に知っておられます。聖母の全知識とそれに見合う聖性により、地上の戦闘の教会に、勝利の天の教会の礼拝、崇敬や祭礼を紹介されました。天使たちがいつも見聞きしていて、聖母ご自身、天国において、いと高きお方の賛美と光栄のための礼拝に何回も参加されました。このようなセフィラム的精神により、聖母は多くの儀式、祝典や徳業を実践し始めました。これらは後に教会に紹介されました。これらについて使徒たちに教え込まれました。前述した御受難の信心業は聖母がお考えになったものです。っその他も全ては後ほど、教会、信者や修道院に導入されました。主の礼拝と徳を積むことに関して知っておられることは何でも実行されました。知るべきことは全て知っておられました。主とご自分の祝日や、人類に関する一般的な恩恵のため、感謝と崇敬のお祈りをお忘れになりません。御自身の汚れなき御宿りと御子の御誕生をどのようにお祝いになったか、私は説明しましょう。両祝日を、御言葉の受肉のときから、特に被昇天のときから祝い始めました。十二月八日の汚れなき御宿りの祝日は、その前の晩から準備します。一晩中ひれ伏し、主を賛美し、御自分がアダムと同じ土から作られ、自然の法則に従ってアダムの子孫になったことを深く黙想しました。御自身は同じ罪で圧迫されず、多くの恩恵を与えられて受胎されたのは、全能者により他の人たちから選り分けられたゆえであることに思いを致しました。御自身、守護の天使たちに一緒に感謝の歌と賛美の歌を交互に歌うように頼みました。夜中、歌い通したあと、キリストがてんより降りてこられ、天使たちが聖母をキリストとご一緒にお連れしました。天のエルサレムでは、主の宮廷全体の新しい光栄と喜びとともにお祝いが続けられました。聖母はひれ伏し、聖三位を崇め、御自分を原罪から離し、汚れなき御宿りをしてくださったことを改めて感謝しました。聖母は御子なる主御自身の右に座しました。聖三位は聖母の特権を今一度確かめられ、承認され、喜ばれたのです。次のような繰り返しの証言がありました。「ああ、王女よ、あなたの足跡は美しい、罪なくして宿られました」。御子の御声は申されました、「人を救うため、体を私に与えた御母は全く清く、罪がありません」。聖霊の御声が聞こえました、「私の浄配は美しい、あなたは美しく、全く罪の汚点はありません」。御声と御声の間に全天使、諸聖人の合唱がありました。「至聖なるマリア、原罪なくして宿られたかた」。最も賢慮なる御母は、感謝、礼拝と賛美を最も謙遜にいと高きかたに捧げられました。聖母は聖三位の直感的至福の幻視にあずかりました。汝感化カ網の光栄をお喜びになった後、天使たちに連れられて高間に戻られました。