第8書 2章 使徒たちの会議

ヘロデの死後、エルサレムの初代教会はかなりの間、無事平穏でした。アジアやパレスチナの成長しつつある教会は、聖ペトロを、イエス・キリストの代理者、教会の頭として認めました。信者たちは聖ペトロにいろいろ質問してきました。質問のなかには、聖パウロと聖バルナバがエルサレムやアンティキアで割礼やモーゼの律法に反対していることも挙げられています。教義問題を解決するため聖パウロはエルサレムに集まるように知らせ、聖母、使徒たちは集まります。教会の頭である聖ペトロは、聖母の隣席の下に会議を行います。全員に向かって挨拶します。「我らの救世主なるキリストにおける兄弟たちと子供たちよ、我々が集まり、困難を解決し、我らの兄弟なるパウロとバルナバが知らせてくれた事態について決定し、その他、信仰を増大させるための他の事柄を決めることは必要であります。そのために聖霊のお助けを願い、今までの習慣のように十日間の祈りと断食を続けることは適当であると考えられます。最初と最後の日、我々は神の光を受け入れるようにミサ聖祭を行います」。全員このやり方を認めました。十日間の間、聖母は一つのところに引き下がり、十日間飲食を断ち、誰とも話さず、一人きりで身動きもしませんでした。その一日目、主は天使たちに命令し、御母を最高天にお連れしました。体も霊魂も共に行かれたので、天使が高間で聖母の代わりになりました。聖母が地上よりはるかに高い空に来られたとき、全能の主はルシファーと部下全員を、女王のまえに召喚しました。全員がそろうと聖母はご覧になり、ありのままの彼らを知り、どんな状態にいるかも分かりました。悪霊たちは嫌悪すべき姿をさらけ出したので、見るに耐えませんでした。聖母は神の徳により武装されていたので、恐るべき、呪うべき姿を見ても傷つきませんでした。主は、彼らに敵として迫害しているこの「女」の偉大さと優越さを理解させます。聖母に対抗しようとする馬鹿さ加減を認知することになります。もっと恐ろしいことは、聖母が御胸のなかに秘蹟にこもられたキリストを抱いておられることです。神が聖母を抱き、悪魔たちを辱め、投げ飛ばし、滅ぼす、神の全能のなかに聖母を包んでおられることでした。悪魔たちに神の御声が聞こえます。「不敵で強力な私の腕が支えるこの盾により、私は、私の教会を絶えず守る。この『女』、古代の蛇の頭を踏み砕き、蛇の厚かましい誇りに打ち勝ち、私の御名に誇りを帰すものです」。絶望と痛みに耐えかね、悪魔たちは叫びます。「力ある全能者よ、俺たちを地獄に投げてくれ。この『女』の前に俺たちを留め、火よりもつらい目に会わせないでおくれ。ああ、無敵、強力な『女』、立ち退け。全能者の鎖につながれ、御前から飛び離れられないのだ。俺たちの終わりが来る前、どうして俺たちを苦しめるのか(マタイ八・二十九)。全人類の内でお前だけが俺たちに対抗する全能者の器だ。お前のお陰で俺たちが失くした永遠の至福を人類はもうけやがった。神を永遠に見えないと絶望した者どもは、お前のせいで救世主の確かな善行の報いをもらった。お前は俺たちにとって苦痛と罰だ。俺たちを放してくれ、全能の主なる神よ、天からの墜落という罰のくり返しを中止してくれ。この強力な武器で俺たちは罰せられる」。この嘆きと脱出の試みは長い間続きます。主は、聖母が彼らを釈放する権威を行使されるように望まれます。女王として釈放をお許しになると、彼らは天から地獄の穴へまっしぐらに飛び込みます。彼らは恐ろしいうなり声をあげ、地獄に落とされている人々を震え上がらせます。負けを否定できないという落胆と苦痛で、人々の前で、全能者と御母の御力を宣言します。聖母はこの勝利を獲得したあと、最高天を目指されます。最高天では、新しい敬うべき歓待を受け、二十四時間滞在しました。聖母は主の御前にひれ伏し、聖三位一体を崇め、教会のため、使徒たちが福音の律法を樹立し、モーゼの律法を終了させるため何が適当であるかを理解し、決定するように祈ります。聖三位の別々の御声が次々に響き、使徒たちや弟子たちを助けることをお約束します。御父は全能により教会の体制を指導され、御子は教会の頭として御知恵によって教会を助けられ、聖霊は教会の浄配として愛と啓示により援助されることを御母に保証されます。次に御子の人性が、聖母が教会のためにささげた祈願を御父にお知らせになり、お認めになり、祈願が成就されるべきことをお勧めになります。福音の信仰と主の全律法が世界中に神の御意志により確立されるべきとお勧めになります。直ちに私たちの救い主キリストの提案を実行するにあたり、神の不変の真髄により、ダイヤモンドが輝く水晶で建立され、エメラルドやレリーフで飾られた教会が出てまいります。諸天使と諸聖人は叫びます。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主の御業よ」(黙示四・八)。聖三位一体はこの教会をキリストの人性の御手にお渡しになり、キリストは御母にお渡しになります。すると同時に聖母は新しい輝きで満たされます。長時間この喜びのなかに留まられたあと、聖母は天使たちにより高間にお帰りになりますが、御手には御子より頂いた神秘的教会を持っておられます。その後、九日間、聖母は身動きされずに祈り続けられます。御母がなさった神秘的なことのなかには、救いの宝を教会の子どもたちに分け与えたこともあります。御子は全教会の統治と全恩寵の分配を聖母に任せられたのです。さて十日目が来ると、聖ペトロがミサをたて、全員が聖体拝領しました。全員、聖霊に祈り、教会の諸問題の解決について相談をはじめました。頭として聖ペトロが最初に話し、聖パウロ、聖バルナバ、聖小ヤコブの順で話しました。この会議の第一の決定は、割礼の律法とモーゼの律法は受洗者に強制されないということでした。永遠の救いは、洗礼とキリストの信仰により与えられるからです。他の決議は、例えばある信者の不適当な信心業を中止するために教会の祭儀の規定を作ることなどです。信経を決定した会議では、使徒だけが出席しましたが、今回の会議には弟子たちも参加しました。また、今回は決定の仕方も公式決定でした。会議の決定事項は手紙としてアンティオキア、シリアやリキアの教会に、聖パウロ、聖バルナバや他の弟子たちにより送られました。アンティオキアでこの手紙が信者に発表されたとき、聖霊が目に見える火となって降りてこられたので、全信者は勇気づけられ、カトリックの真理を確信しました。聖母は主に感謝し、聖パウロなど遠方に行くものたちに、私たちの主キリストの着物の一部などまだ残っていたものを贈り、聖母の守護と祈りを矢屈側して彼らを勇気づけました。