栄えの神秘5 聖マリアの戴冠

■目次

① 聖エピファニオが言うには、栄光ある被昇天でマリアが天国に迎え入れられた名誉と勝利を述べることは、人の言葉にも天使の言葉にも与えられません。ただこれだけは言うことが出来ます。彼女の息子の栄光と勝利のあと、これほど大きいものはなかったし、今後もないであろう。聖ベルナルドもまた言います。どのくらいの栄光とともに聖なる乙女が天国に迎え入れられたのか、どのくらいの忠誠心とともに全ての天使たちから敬意を表されたのか、どのくらいの愛と喜びとともに神の御子から歓迎され受け入れられたのか充分に理解できる被造物はいません。愛する人よ、罪の贖いの後、天使たちが、御子と御母の魂と御体が天国にいることを熱望したことを考えましょう。天の市民の望みはついに完了します。主が、契約の箱を偉大な栄光とともにダビデの街に入れることを望んだのであれば、それ以上に最も気高く栄光ある勝利とともに御母が天国に入ることを望みました。聖ベルナルドは言います。「天国の王自身が天国の全ての従者とともに彼女に会いに来ました。これによって、彼自身の昇天の栄光を上回りました」。天使たちが「花嫁よ、レバノンからおいで、おいで、レバノンからおいで」(雅歌四・八)と歌ったときの、彼女の喜びと美しさのことを考えましょう。マリアは皆と一緒に、地上から離れ、天に昇り、最も聖なる三位一体の王座に着きます。美しく栄光に満ちた彼女を見た天使たちは尋ねます。「喜びの主に支えられ、痛みと苦難の場所である荒れはれた地上から来た、とても清く、とても美徳で豊かな、この被造物は一体誰ですか?彼女は誰ですか?」。同行する天使たちは答えます。「この方は私たちの王の母であり、私たちの女王です。そして女の中で祝別されたかた、恩恵にあふれ、神聖のなかで神聖、神の最愛の人、罪がなく純潔、全ての被造物で最も美しく清いかたです」。 それから、彼女を称える全ての至福の霊たちの賛歌を聞きなさい。「あなたはエルサレムの栄光、イスラエルの大いなる誉れ、我らの民の偉大なる誇り」(ユデット記十九・九)。聖ベルナルドは黙想します。地上で乙女マリアの胎内が、御子に最もふさわしい場所と神殿であったように、天国で彼女は御子から女王にふさわしい最も高い王座を与えられました。イエスの母として、聖霊の配偶者として、人類をともに償うものとして、世の罪のあがないの協力者として、そして天と地の女王として、神ご自身の支配に彼女を参加させるため、彼女は御子の右に、全人類と全天使より上に置かれます。おお、栄光に満ちそして祝福された乙女よ、あなたが御子の右に座り、天と地の女王につかれ、あなたが天国で持っている大きい栄光を、私は、称え、あなたとともに喜びます。おお、全宇宙の愛する乙女、あなたの御子と真の教会を信じ、あなたを自分の母、女王として認めます。そして、とても愛情あふれる母であり、偉大で、優しく、力に満ちている女王であるあなたの近くに神がいることは、私に力と喜びを与えます。

②愛する人よ、最も聖なる三位一体はマリアに最も高価な冠を授けたことを考えましょう。永遠の御父は、イエス・キリストの次に天国、地上、地獄の全ての被造物に対しての統治権を授けるために彼女の頭に権力の冠をのせます。それで闇の下にある霊魂たちは彼女の名前に震えます。彼女に詩編の言葉を用いることが出来ます。「栄光と威光を冠としていただかせ、御手によって造られたものをすべて治めるようにその足もとに置かれました」(参照、詩編八・六、七)。 御子は、天使そして御血で買い戻された人類の女王として知恵の冠をかぶせ、その実の全てを彼女の手の中に置きます。そして憐れみの女王として、神の憐れみの鍵を彼女に預けます。聖霊は、美しい愛の母として、神への愛だけではなく隣人への熱烈な愛を彼女に注ぎながら、善と隣人の救いの燃える熱意とともに愛の王冠をのせます。全ての天使の驚きと称賛になっている彼女を見なさい。さらにその乙女は純潔、殉教、学者の光とともに戴冠しました。なぜなら彼女は乙女の中の乙女であり、神の御子の愛の殉教者であり、同じ先生たちに信仰の神秘を教えるための私たちの宗教の先生だからです。最後にこの貴婦人は、「また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた」(ヨハネ黙十二・一)とヨハネの黙示録で言われているように十二の星の王冠を戴冠されました。天国にいる聖人たちの全ての種類の偉大さと美徳が彼女自身のなかに集まっているのと同じように、十二の星で表現された全ての美徳の冠を戴冠します。父祖の信仰と希望、預言者の希望と観想、使徒の熱意と愛、殉教者の剛毅と寛大、聖人の忍耐と償い、教会博士の知恵と思慮深さ、聖職者の神聖さと清さ、隠者の孤独と祈り、修道士の清貧と従順、乙女の愛と清さ、やもめの謙遜と忍耐、そして結婚した聖人の誠実と一致、これら全て彼女の中で最高に光輝きます。そして至聖三位一体の神は、彼女が女王であると宣言します。愛する人よ、神と憐れみの女王を賛美する天使たちの音色とメロディーそして至福直感者たちの賛歌を、誰が想像することができますか?偉大な乙女は御子の右に座わり、それを見る全てに言います。「主は、はしための謙遜を見ます。そして彼は、私のなかでとても輝いている恩恵の豊かさを喜んでいます。ですから涙と苦しみの谷で抑圧され苦しんでいるあなたたちの全て、私のところに来てください。私はあなたたちを慰めます。なぜなら、神は私をあなたたちの喜びの原因としているからです」。ええ、最愛の母よ、あなたの招待にむかう私を見て下さい。私は私の罪の重さに圧迫され、罪の鎖にしばられ抜けられません。しかし女王よ、あなたが私を自由にする私の望みは大きい。おお、天国に昇り、至福の栄光の魂と体で支配している母よ、私はあなたを信じ、あなたを尊敬し、あなたを愛します。おお、マリア、苦い夜の暗闇の中に埋葬されたように、横たわっている私の精神を照らす光を送ってください。美徳、熱意と熱情で、この生ぬるい心に火をつけるために、あなたの熱烈な愛の光線で貫いてください。神の母よ、暗闇の中でこの私の魂が死ぬことを許さないでください。私は犯した罪によって全ての不幸と罰に値します。イエスと私の間にあなたの功徳を間に置くことで、あなたの善は、私が当然受けるべき罰を遠ざけ、失われた好意を私に手に入れさせます。

③この女王に、アダムとエバ、父祖のノア、アブラハム、ヤコブ、預言者と全ての聖なる乙女、天国の全ての聖なる人が挨拶をしに来ます。「彼女を見ておとめたちは祝福し、王妃も側女も彼女をたたえる」(雅歌六・九)。それから、殉教者と聖人たち、彼女の親類エリザベト、ザカリア、洗礼者ヨハネ、彼女の愛する親ヨキアム、アンナ、最も貞節な配偶者ヨゼフが来ました。愛する人よ、これらのことを見なさい。そして、誰がこれら全ての喜び、そして歓喜、または慰めの言葉を説明することができますか?愛する人よ、あなたもまた至福の集団の仲間になりなさい。そして、大声で彼らの声に合わせなさい。「アベマリア、天の女王、アベマリア、天使の女主人、救いの門と源、あなたは世界に光をもたらします。お喜びください、栄光に満ちた乙女、すべての女性の中で最も美しい方」。救われた全ての聖人、私たちのために、主キリストに祈ってください。現在もし人間の心が、神が愛している人々に天国を準備しているという巨大な栄光を理解することができないなら、一体誰が(著明な聖ベルナルドを含む)地上で全人類そして全ての天使を一緒にしたよりももっとたくさん愛した最愛の御母に準備した栄光に達することが出来ますか? 最後にこの最後の神秘の栄光のみではなく、全ての天使、全ての聖人たちの栄光、彼女の栄光にもなった彼女の家来の栄光を私たちが黙想することをマリアは好みます。そしてそれらの黙想は、天国を手に入れるために聖人たちが行った全ての行為に私たちを駆り立てます。それゆえ、愛する人よ、あなたが美徳の道を忍耐とともに始め続ける勇気を与えるために、マリアは聖人たちの栄光とあなたにも準備されているその栄光を、彼女と一緒にこの神秘を黙想するために、天国からあなたを招いていることを考えなさい。そうすることで偉大な母はその至福の王国の中に御自身とともに常にあなたを所有するでしょう。それゆえ天国に目を向け、そしてあなたのように弱く、あなたのように誘惑され、主の恩恵とマリアのとりなしで永遠の至福に達した、あなたの励ましと慰めになる多くの聖人たちを見なさい。そして永遠にイエスとマリアとともに生きそして君臨するという無限の利益に到達できる全てのことを何も省略しないようにしなさい。あなたが美徳に欠如しているならば、彼女の栄光にみちた勝利のこの日のマリアにそれらを頼んでください。とりわけ栄光への救霊の確かな保証金である絶えず祈る恩恵を求めてください。聖アルファンソが繰り返し言った。「マリアに粘り強く祈るものは誰でも(特にロザリオにおいて)最終堅忍を獲得するであろう」。また、同じように聖アウグスティヌスが教えます。「最終的な堅忍は、自ら獲得するものではなく、たゆまぬ根気強い祈りの褒美として吹き込まれる贈りものです」。この二人が言ったことを覚えてください。そしてマリアが、私たちのために御子に向ける祈りの効果はどのくらい大きいですか?おお、偉大で最も栄光に満ちた貴婦人よ、あなたの王座の足元にひれ伏し、私の魂はあなたをこの涙の谷から崇めます。今すでに、あなたは惨めな僕である私を忘れることなく天と地の女王の任についています。そしてあなたは恩恵の根源に最も近くにいるので、私たちにたくさんの恩恵を与えることが出来ます。天国からあなたは私の惨めさがよりよくわかります。したがってあなたは私を憐れむことができます。天国であなたを賛美しにいくことができるために、この地上で私をあなたの忠実な僕にしてください。私が全世界の女王であるあなたを黙想する今日、私はあなたへの奉仕のために自分を捧げます。多くの至福のなかであなたの子として私を受け入れ、私も慰めてください。それゆえあなたは私の母です、そして母として、あなたは私を救うに違いありません。あなたに捧げるこの最後の土曜日に、あなたがもつ愛と絶えず聖なるロザリオを祈る恩恵を私に与えてください。そして、私に最終堅忍を獲得させてください。神のうちに喜び、神とともに喜ぶという比類ない栄光と天上の至福のために、至福の霊魂たちと天国の全ての聖人たちと一緒に私は祝います。私もまた同じ栄光に定められています。しかし私はあなたたちの美徳に達することはできません。それゆえ天使、父祖、預言者、使徒、殉教者、信仰を守りぬいたもの、乙女、隠遁者、全ての聖人よ、彼女の執り成しで、永遠にあなたたちとともに神を見つめて、神を賛美し、彼女とともに永遠に神を祝福することができるように、あなたたちの女王に祈ってください。アーメン。

(マリアへ絶え間ない祈り) マリアの前に今日ひれ伏しなさい。そして全生涯で彼女の忠実な僕でありたいと彼女に宣言し、あなたの考え、あなたの好意、あなたの熱意、あなた自身の全てを彼女に捧げなさい。ロザリオの祈りを少なくとも五連毎日祈るのを決してやめないという約束を彼女にし、死に至るまで彼女を愛し、彼女に祈り続けることを求めなさい。もしあなたが十五連の神聖なロザリオの祈りを毎日祈るならば、あなたは幸せです。毎日のロザリオの祈りによってマリアは最終堅忍を約束します。マリアの信心に全ての魂を招き、そして十五の土曜日の運動を勧めることにより、彼女に栄誉をたくさん与えなさい。あなたが最も神聖なマリアが死の際に助けに来ることを求め、常に彼女の力を信頼し、母として彼女を愛しなさい。

(短い祈り) おおマリア、全ての天使と聖人の女王、あなたは私の心の女王です。

(聖体拝領前の祈り) そしてイエスよ、私の忘恩を誰が測ることができますか?なんと多くの回数、私はあなたを捨てたことか!私はあなたを捨て、あなたから逃げたにもかかわらず、あなたは、常にあなたの愛の甘美な鎖で私を引止め、私のみじめさに服をきせ、私に糧を与えるためにパンにかわり、あなた自身の栄光と最も聖なる母の栄光を私に分け与えます。無限の優しさ!私は、あなたが解放できない多くの罪を犯すことが出来ません。そして、私の忘恩は、私を許す意志をあなたから奪いません。私はかつてこの地上で私のような罪びとであった全ての聖人とともにあなたの足元にひれ伏して、あなたに赦しを求めます。「あなたを愛することを望み、あなたを愛します」と私はくり返し、今から生活を変えます。「神よ、あなたはわたしの神。わたしはあなたを探し求め、わたしの魂はあなたを渇き求めます」(詩編六十三・二)。このように、私の肉はあなたに渇きます。最高の道はあなたの憐れみなので、道がなく、水もない、人気のない土地で、私は、あなたに自分を差し出しました。そしてあなたの名前に私は降参するでしょう。あなたの影で、私は歓喜し、熱望しながらあなたの後ろについて行きます。のどの渇いた鹿が生ける水の泉を求めるように、私の魂は神であるあなたを強く望みます。主よ、今日、あなたの力を示し、私を救いに来てください。私の心はあなたを受ける準備できています。私の心は準備できています。ですから、遅れることなく来てください。女の中で祝福を受けた方よ、私たちはあなたの香りにかけつけます。なぜならあなたの仲介によって、私たちは生命の実を得ることができるからです。近づいている私をみてください。そしてあなたは、平和と愛の聖なるホスチアで、無限の愛であり私の喜びである御心を私に与えるでしょう。私たちの女王よ、全てのものは、あなたを賛美し、喜び祝いますます。なぜならあなたは人類と地獄の上に力があり、あなたの御手は、みじめなエバの子供にたくさんの憐れみを注ぐからです。あなたの王座の奴隷としてつながれている私の魂を見てください。私の魂は、あなたとあなたの神の息子の愛が一杯になるまで休まないでしょう。しかし、私はイエスの歓迎するのに最もふさわしくないので、今、この愛を私にください。崇高な貴婦人の命である至福の天の集団、全ての位階の天使たち、そして特に天使の王子と神の人々の助けミカエル、神の力ガブリエル、神の癒しラファエル、神に祈り賛美する天使たち、天の恵みを運ぶ天使たち、常に神の王座の前で見守り、マリアの勝利と戴冠を称えた選ばれた霊たちよ、全能の神が最も哀れな被造物にまで身をかがめる愛の勝利であるこの瞬間に立ち会ってください。私の守護の天使、聖ヨゼフ、私の名前の聖人と私を守護する聖人、この最終の土曜日、イエスとマリアから私が期待する全ての恩恵の印として、いただく御聖体に近づく間、私に付き添ってください。私が土曜日の信心をもって死に、あなたたちと一緒に彼女を褒めたたえるために、あなたたち全てが私を最後の苦しみに付き添い、最も栄光に満ちたあなたたちの女王の王座の足元にあなたたち全てが私を示すまで、祈ってください。アーメン。(ここであなたが求める恩恵の祈りをここでいう)

(聖体拝領後の祈り)私の神よ、あなたを所有することは何と豊かなことか!おお天よ、地よ、全ての創られたものよ!ここで、私とともにあなたたちの神を崇拝しましょう。そして、この無限の愛の働きを賛美しましょう。無限で巨大な、全てに存在する方は、私の心の貧しい住まいにいらっしゃいます。天使よ、私はあなたたちの運命をうらやましいとは思いません。私は神-人の関係であり、あなたたちは神-天使の関係であり、私は、あなたたちが持たない全てをもっているからです。それゆえ私のなかにいる、友であり、人類の仲間であり、みじめさを慰めであり、あなたたちに幸せをもたらす喜びである方を、崇めてください。おお、愛である神よ、私を完全に所有してください。そしてその後、あなたが望む全てのことを私にしてください。そしてあなたと共に、あなたのうちに、私が苦しもうとしないため、あらゆる苦しみの海に私を浸し、全ての種類の苦しみで私を鞭打ってください。愛である神よ、私の哀れな声を聞き入れてください。あなたは、私の魂が望む全てのことをあなたに求めることを望んでいるので、ここで、私が、全く私と知り合うことはなく、あなたのなかで私を見つけることができるように、あなたのなかで私を変えてください。おお、神のエルサレムよ、マリアに新しい賛歌を歌ってください。地上の全てのものよ、あなたの貴婦人に歌ってください。天よ、マリアに歌い、そして栄光に満ちた彼女の名前を称えてください。そして、マリアから人類の救いが生じたことを毎日告げてください。国民のなかにマリアの栄光を、全ての人にマリアの称賛を告げてください。なぜなら彼女の周囲に栄光と輝きがあり、彼女の王座には神聖さと並外れた美しさがあるからです。マリアに、あなたたちの心、愛情と生活の全てを彼女に捧げなさい。それで天よ、称えてください。地よ、喜んでください。海よ、祝福と歓喜とともに波打ってください。田畑は歓喜し、そして全ての森の木は狂喜するでしょう。なぜなら、ナザレの乙女、アダムの娘である乙女マリアは、天使の階級の上で褒めたたえられ、天上の婚姻を引き受け、国王の中の国王が星で飾られた王座に座るからです。主の天使よ、あなたたちの女王を賛美してください。おお天よ、あなたたちの門である人を賛美してください。太陽と月と天の星よ、太陽より気高く、海の星、朝星である月より美しい人を賛美してください。山と丘よ、シオンの住まいであり、エルサレムの宮殿でありレバノンの杉のように上がり、シオン山の糸杉のようにそびえている人を賛美してください(参照、Sir二十四・十四-十七)。 雨と露、火や熱、氷や雪、光と闇、海と川よ、湖の近くにある広場のスズカケの木みたいに彼女の保護の枝を広げ、またケードのヤシみたいに彼女の力の枝を広げている、この世界の女主人を称えてください。地の芽、豊かな植物、そして木よ、花よ、あなたたち全て、汚れのないエリコのバラのような、そしてかぐわしい香油と選ばれた没薬の匂いを発散する美しいオリーブの実のような彼女を称えてください。あなたたちの女王の美しさと甘美さを称えてください。そして、正しい魂、聖職者と地上の王、童貞たちと処女たちよ、マリアの名前を称えてくだい。なぜなら彼女は強く、彼女の栄光は天と地にわたり広まっているからです。喜んでください、聖人たちよ、栄光の中で、あなたの席を喜んでください(参照、詩編百四十九・五)。おお栄光の聖人たちよ、私たち全てが救われるように祈ってください。タンバリンとシターンの幸せなハーモニーによってマリアを称賛してください。そしてサタンの手で地獄に値する、ずたずたに引き裂かれたこの魂も彼女の栄光に合流するために、彼女の王座にこの奴隷の魂を結び付けてください。おお、マリア、惨めなこの谷から、追放された私の魂は嘆く一方、私は、天に住んでいるあなたに目を上げます。見てください。はしためが雇い主の手に目を向けるように、私はあなたに私の目を注ぎます。女王よ、女主人、そして私の母よ、あなたの憐れみを待ちます(参照詩編百二十三・二)。最も甘美で、最もやさしい母よ、今日はあなたのロザリオの祈りで十五の神秘を称えることに捧げる最後の土曜日です。いくらか悪から癒された人、困難に対処した人、あなたによい収穫を求めた人、いくらかの争いに勝った人がどれくらいの人々であったか、あなたの祭壇にたずねます。私はあなたに、あなたの信心深いこれらの集団と一緒にあなたの御心をもっと歓迎する恩恵を求めます。最も甘美な母よ、私を謙遜にさせ、地上から離れさせ、神の意志に従順になるよう取り次いでください。神への清い愛、良き死、天国を私のために祈ってください。女主人よ、罪びとを聖人に変えてください。たくさんの盲目者を照らし、そしてたくさんの死者を復活させる名誉を最もあなたに与えるこの奇跡を行ってください。あなたは、神の近くにいて、とても力があります。それは、あなたが恵みに満ち満ちていて神の母であると言うだけで十分です。どうして、あなたを否定することができますか?おお、最も美しい女王、私はこの地上であなたに会うことを望みません。しかし、私は天国であなたに会いに行くことを望みます。あなたはその恵みを獲得させるにちがいありません。今、あなたの前に弱りはてた私を見て下さい。私はあなたを私の女王そして母として認めます。そして私に残っている全ての日、私の魂と体、愛情、私の心の感動、希望、私に待ち構える困難、不安、悩みをあなたに捧げます。そして、あなたに捧げたこの魂に大勝利をおさめさせてください。敵の攻撃から守り、遠ざけ、美しいマントの下で覆い、幸せな死と至福の永遠に導いてください。それで私は期待します。そしてそれはそのようになります。アーメン。(あなたが必要とする恩恵のための祈りをここで言う)