栄えの神秘3 聖霊降臨

■目次

①イエスは天に昇る前に使徒に言いました。「ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである」(使徒一・五)。「彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。それは、ペトロ、ヨハネ、ヤコブ、アンデレ、フィリポ、トマス、バルトロマイ、マタイ、アルファイの子ヤコブ、熱心党のシモン、ヤコブの子ユダであった」(使徒一・十二)。「絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた」(ルカ二十四・五十三)。愛する人よ、イエスの母マリア、使徒たち、弟子たちと祈っている高間に入りましょう。使徒たち、弟子たちは、聖霊降臨が早く実現するために、聖なる乙女の祈りに信頼とともに一致し、祈ります。私たちが強力な弁護者を呼び出したいとき、私たちの祈願で私たちも何を期待しなければいけませんか?彼女はイエスの母です。この唯一の称号は神の恩恵と力の約束です。彼らは全身全霊で祈り、力強く自分の気持ちを伝えている間、彼らの望みと愛は全ての祈りの言葉になったことを考えましょう。何という信仰、何という敬意、何という黙想!ここに聖霊の恩恵と実を受けるために効果的で必要なことの全てがあります。それは聖霊の最愛の花嫁である最も聖なる乙女と一緒にいること、そして熱心で忍耐強い祈りです。特に共同で祈る場合効果的です。なぜなら全ての信者は唯一の体の一員であり、ローマ教皇は目に見える頭であるカトリック教会の信仰と愛の一致を表明するからです。おお、常に教会の先生であり、聖霊の全ての恩恵で満ち満ちたマリアよ、よく祈るためにあなたのことを教え、私のために祈ってください。聖霊をふさわしく引き寄せる願いの最も深い心に私を導いてください。あなたに歓迎され、このよき神から完全に聞き入れられるために、あなたの御心に一致した祈りを私の魂に吹き込み、私の唇の上に置いてください。救い主の勧めに従い、生きた信仰、正確な注意、深い謙遜、不変の信頼、寛大な忍耐、熱烈な愛とともに、決して祈ることを止めないために、善と愛の霊よ、私の心にも入り込み、そして神の火の矢で私の心を射止めてください。イエスはそこで約束しました。「だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる」(ルカ十一・一〇)。

②愛する人よ、父祖たちと預言者たちは、神の御言葉を地上に引き寄せるために熱心に願うことで貢献したこと、同じように聖霊は願いとともに引き寄せることが必要であったことを考えましょう。したがって、詩編作者とともに言うことが出来るために、唇のみではなく、全ての心、全ての魂を開きましょう。「わたしは口を大きく開き、渇望しています。あなたの戒めを慕い求めます」(詩編百十九・百三十一)。しかしこの善き神は常に被造物より先に行います。「わたしは、とこしえの愛をもってあなたを愛し、そして、私はあなたの極貧に触れたので、あなたをもてなす」(参照エレミア三十一・三)。そしてイエスは使徒たちに言いました。「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」(ヨハネ一二・三十二)。愛する人よ、「主よ、私をあなたの後ろに引き付けてください。あなたの香りに駆け寄ります」(参照詩編一・三十四)としばしば神聖な賛歌を繰り返しなさい。愛する人よ、聖霊降臨の日に前もって行われた全てのことを見ましょう。「一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた」(使徒二・一、二)。風が雲を払拭するように、そして空気を浄化するように、聖霊は魂に進入します。最初に聖霊は悪い考え、そして地上の愛情の心を浄化し、知性の闇を減らし、その後、神の生命として魂を生き返らせます。神は彼の息で人類と神の教会に命を与え、そして永遠に留まります。「炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ」(使徒二・三十四、三十五)。これら全ての人に留まった気高く、輝き、分かれた炎のような舌を見なさい。…ここに神の恩寵の表現があります。舌の象徴のもと、この霊は降臨します。人の傲慢はバベルの塔で言語の混乱を引き起こし、他の人々との分裂になりました。聖霊降臨によって全ての国の人々がカトリック教会の信仰と洗礼の一致で結ばれるために、使徒たちに言語の賜物をもたらしました。そして愛の源が生きているため炎のような舌は聖霊です。火が金属にある不純なもの全てを破壊し純化するのと同じように、聖霊は全ての不純物から魂を清めるための燃え盛る火です。その燃え盛る火は、はかない利益、人の尊敬、虚栄心、生活の快適さを切望するような神を愛することに障害となる全てを破壊します。その後、心にある愛情と精神にある考えは天に昇り、心をこめて神を賛美するようになります。聖霊は恩人である神に対し、犯された罪と悪意と普段の忘恩を明らかにするために精神を照らす火です。また心に忍び込み、侵入し、燃え上がらせる甘美な火です。最後に、愛の火である炎とともに天に昇る火です。この火は御父から、そして御子から愛の道によって進むので、これは聖霊の性質で重要です。その後、聖霊は持っている全てのもの、すなわち彼そのものを伝えることを望み、魂に愛と熱意を注ぎ込みます。おお、神の恩恵はなんと崇高で偉大であることか!ギリシア人とローマ人の知恵の前に教養がなく、愚か者と見なされていたユダヤの十二人の漁師によって、イエスの真理、教会は広がります! 粗野で無学であり、彼らの先生の受難の時に卑怯にも見捨てたその人たちは、聖霊が伝えたこの神の火で燃え、栄光ある名前を全ての国の言葉で表明します。「すると、一同は聖霊に満たされ、〈霊〉が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした」(使徒二・四)。彼らはエルサレムで十字架につけられたイエスと福音を地上の全ての国の言葉で説教します。「さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった」(使徒二・五、六)。使徒たちは全ての人にイエスの偉大さと素晴らしさを宣言します。激しい熱意に導かれた彼らは英雄のように戦い、ひどい苦痛に会い、死でさらされます。そして暴君自身に全く怯えることなく、ひどい苦痛を耐え忍ぶことにより、人間の全ての知恵、全ての力に大勝利します。私たちは使徒たちの不誠実さ、臆病、逃げ出したことを立派にまねことはできます。しかし絶え間ない黙想と祈りをまねようとしません。したがって愛する人よ、今日あなたの上にも来る聖霊に全ての熱意で祈り、熱烈な精神と熱意の実を求めなさい。

③聖なる教父たちは言います。その熱意は、愛の道によって絶え間なく神に一致するように向かい、この一致を妨げる全ての障害に打ち勝つ超自然的な魂の働きです。その熱意は神の火、聖霊から流出した天の炎です。聖霊は熱意となり、全ての困難にかかわらず、神が望む全てのことを引き受け実行するのにすばやく勇敢な霊魂にします。愛の行為が増えるに伴い、心は神と結びつき、もし被造物から離れる強さがない場合、使徒と同じように全ての被造物に勇敢に立ち向かいます。「誰が、キリストの愛から私たちを引き離すことができましょう」(参照 ローマ八・三十五)。それは剣、空腹、苦悩、暴力でもありません。自分自身に常に用心深く、自分のなかにあるこの世の喜びの全てを取り除きます。配慮の欠いた言葉は暗黙の叱責を生じ、もし愛する神に向けられたものでないなら、被造物の上に好奇心をもった一つの眼差しさえ許しません。聖パウロとともに、まだ地上にいる亡命は本当に長いと叫びます。しかし熱烈な望みは天に向かって絶え間なく上昇します。聖ベルナルドは言います。「愛する方の存在から決して離れることはなく、生活し、沈黙し、働き、休むようになります」。神の愛は、全てが燃えることを望みます、しかし神の愛は常に穏やかで、常に慈悲深く、隣人のために祈り、隣人のために苦しみます。しかし私たちの心の奥にあるよこしまな欲望の全てと同じ数の犠牲をしない場合、この神聖で清い霊は、私たちを神聖にしないでしょう。この心は隙間のままではいることができません。自分自身と被造物を捨てるにつれ、神は彼の霊でその魂を満たします。しかし悲しいかな、私を不愉快にさせ、動揺させ、妨げる、少しの言葉に敏感であり、他の人の冒涜を勇敢に止めようとせず、神、聖母、教皇に行われるあざけりを抑えようとせずとても臆病です。おお、神の霊よ、あなたの抵抗できない愛で、私の心に火をつけてください。しかし私は耳で聞くことなしに、あなたの声を何度も私の魂で聞いています。私があなたの声に忠実であるなら、私がもつ全ての悪徳は根絶され、多くの美徳を手に入れ、このような急速な進歩で私は完全な状態になるでしょう。私の神よ、私の全てがあなたで一杯であるならば、それに反し私は私自身とこの惨めな地上の全てのもので一杯です。神の愛に熱心であるならば、しかし私は無気力で、あなたを愛していると言おうとしません。おお、神の霊よ、つらい気持ちで悔やんでいる私の過去の不誠実の全てを許してください。私はあなたに常に忠実でいたいので、私が持つ愛着を無くし、あなたのところに導いてください。天から下り、つまらない私のところに来てください。そして惨めな被造物である私を所有し続けてください。私は喜んであなたを迎え、あなたに忠実であり続けます。天の火よ、私の心を清めてください。おお、聖なる使徒よ、私のために祈り、あなたたちの活気、生きた信仰、燃えるような熱意を教えてください。あなたたちとともにしっかりと信じて、イエスのためにたくさん働き、そして天国で永遠に彼とともに住むために、あなたたちが持っていた善と愛の最も高い霊に私も参加させてください。アーメン。

(熱意) 今日神に多くの愛の行為を行いなさい。カトリック信者であることを明らかにし、神の愛に隣人を招くことを恥じないでください。一日三回(朝六時、正午、夕方六時)のお告げの祈りをすることで、マリアへの信心を示してください。それを行うことで彼女に行うかもしれない冒涜と侮辱に影響する全てのことを前もって防ぎなさい。マリアは、人々を地獄から取り去ることを非常に好みます。もし、あなたが隣人の霊魂を救うなら、あなた自身の霊魂も救うことになることを覚えておいてください。

(短い祈り) おおマリア、聖霊の花嫁よ、私の心を新たにし、私の心を神に与えてください。

(聖体拝領前の祈り) おお、マリア、あなたは聖霊降臨のとき高間にいました。そのとき使徒たちが最初の権限の職に従事していました。ですからあなたは使徒たちの恩恵と神聖さの最初の職を支えていました。胎に宿った最初の瞬間からたくさんの恩恵と聖霊で一杯であり、さらに恩恵の作り手である神の御言葉を宿し、恩寵で満ちていたあなたは、聖霊降臨の日に豊かでありませんでしたか?あなたを褒めたたえます!あなたは全ての恩恵の管理人であり分配者です。それどころか恩恵の母です。聖ベルナルドはあなたを案内します。「もし私たちが恩恵を必要とするなら、マリアを通してそれを求めなさい。彼女は聖霊の最愛の花嫁です。忠実で汚れのない花嫁が、やさしく気前のよい花婿にどうして影響力を持たないことがあるだろうか?」。それゆえ私は、聖霊の花嫁であり、最もやさしい私の御母であるあなたに、私に不足している全ての恩恵を求めます。私の魂は、自分の救いに価値のない高慢・うぬぼれ・世間の知識で一杯です。しかし、あなたは神聖な畏敬と神の知識の御母ではありませんか?あなたに、私の悪い行いを告白します。御母よ、私は、不幸な人、貧しい人、神のために真の愛を持っていません。しかし、あなたは美しい愛の御母、憐れみの泉です。今日あなたは、この聖体拝領であなたの息子イエスとあなたの天の花婿からその愛を私に獲得させることができます。あなたは、私の魂が風にゆれる葦に似て常に不安定で、常に苦難によって動揺していて、わずかな敵の攻撃ですぐに倒れるのを見ます。あなたは無数の盾がかかっているダビデの塔であり、あなたが守る人は誰でも救われます。それゆえ、剛毅の賜物を私に獲得させてください。よこしまな欲望で曇った私の知性は、とても危険なこの世界の嵐の海のなかで、信頼できる相談者、天の光により案内され続ける必要があります。あなたは私の魂の誠実な支援者・相談者・海の星です。ああ、お願いだから、賢慮の徳をあなたの花婿から取り次いでください。あなたはよい賢慮の御母そして知恵の恩恵であり、全ての知恵を照らし、全ての知恵で照らされているこの世の女主人です。私は、あなたの美徳にならい、悪徳と戦い、自分を変える苦行に嫌悪を感じ、わずかな矛盾で動揺し、私の肉を苦しめる全てのことに過剰に悲しむ私を憐れんでください。知恵の賜物を私に引き寄せてください。私の魂の全ての甘美な味わいは主であり、全てのおいしさは神であるようにしてください(参照 詩編三十四・九)。全てのことを御父の娘、御子の母、聖霊の最も大切な花嫁であるあなたを通して望みます。 そしてイエスよ、あなたは私のところに来たとき、私の邪悪に目を閉じました。地上であなたにとって立派な住まいは聖霊の賜物と美徳で豊かであり、最も純粋で最も神聖な母の御心だけです。そして今日、彼女は私のために祈り、彼女自身の手からあなたを頂きます。慈しみと愛の霊よ、あなたは私の罪の鎖を壊し、私の魂に下り、私の魂を浄化し、燃やしてください。私は、あなたに最も聖なるマリアと高間に集まった聖人たち、そしてかつてこの世で最も偉大な聖人であり、今後聖人になるものの苦行と涙とともに、全ての祈り、願い、愛を捧げます。彼らの心を歓迎したあなたは、現在、私の貧しい心が言うことを快く聞いてくれます。おお、聖なる使徒よ、私とあなたたちのイエスを、最もふさわしく私の魂に受けるために、今、あなたたちの信仰、あなたたちの熱い願望を貸してください。アーメン。(ここで、あなたが欲する恩恵を願うための祈りをいう)

(聖体拝領後の祈り) 空と大地、天使と聖人、造られたもの全てよ、主の名を称えてください。無限・全能・壮大な深淵は、極貧・下劣・堕落の別の深淵に降ってくれます。今、主の霊は彼の御言葉とともに一緒に私の中にいます。全てのものを創造し制限のない神は、今私を完全に占領しています!おお、マリア、あなたの祈りで私を強くし、あなたの感謝で補い、あなたの賛歌の声を貸してください。今あなたと共に言うことができます。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます」(ルカ一・四六、四七)。全ての賜物と全ての恩恵で豊かな聖霊の花嫁よ、忠実な花嫁に最も力のある花婿はどのような恩恵を否定することができますか?神の霊・全能の神・父と子の本質的な愛である聖霊を、心をつくし崇め愛します。したがってよき慈しみ深い神よ、私の貧しい霊魂に生気を与える息とともにあなたの恩恵を与えに来てください。来てください、きらめく火の舌とともに私に聖人の話した言葉を教えてください。来てください、言いようもない光とともに私を照らし、あなたの火で清め、心を燃やし、熱烈なあなたの愛を与えてください。渇き、不毛な私の魂を、生ける水の泉に浸し、酔わせてください。真理の霊よ、あなたなしで誤りの中にいます。愛の霊よ、あなたなしでは全てが冷淡です。生ける霊よ、あなたなしで私は死んでいます。聖なる火、比類のない清さ、あなたの炎で、私の小さい欠点を破壊してください。よき神よ、あなたの霊の実を与えてください。私の荒々しさを破壊するために柔和を、悪から善に戻るために良い心を、平和を手に入れあなたを完全に愛するために忍耐を、私が純真で全てにおいて慈善心に富むために善を、隣人を教え導くために謙虚さを、五感と欲望を抑え、あなたの目に清くあるために、節制と純潔を与えてください。これらの美徳を、聖霊よ、あなたは与えることが出来ます。「神よ、私のうちに清い心を創造し、新しく、確かな霊を授けてください」。私は罪を悔いた王とともに続けます。「御前からわたしを退けず、あなたの聖なる霊を取り上げないでください。御救いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください」(詩編五十一、一二-一四)。「わたしの心があなたの掟に照らして、無垢でありますように。そうすればわたしは恥じることがないでしょう」(詩編百十九;八〇)。そして、使徒聖パウロとともに「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう」(ローマ八・三十五)と私が叫ぶことができるように、あなた、隣人、天使と私が一つになる愛を与えてください。怒ることなく、相手を軽蔑することなく、復讐する心もなく、穏やかに甘美な笑顔で、不屈の心で、イエスのために命を与えた聖なる使徒そして聖なる殉教者、処女と童貞、そして反抗的な肉と五感に対しての最大の戦いの勝利者である聖人と聖なる乙女よ、私が欲望に打ち勝ち、あなたたちと一緒に、御父に、御子に、祝福された霊に永遠の栄誉を与えるために、あなたのたちの信仰、愛、熱意、純潔、剛毅が得られるように祈ってください。アーメン。(あなたが必要とする恩恵の祈りをいう)