1巻 11 平和と、完徳に進む熱心とをえる方法

私たちが、他人の言葉や行い、また自分に関わりないことに、気をつかわないなら、私たちは深い平和を知るだろう。他人の問題に関わり合い、外からの気晴らしを求め、自分のうちに心をひそめることが、ごくまれか、あるいはごく少ない人が、どうして、長く平和に生きられよう。単純な人々は、幸いである。彼らは、豊かに平和を受けるからである。どうして聖人たちは、あれほど完全になり、あれほど、観想にふけることができたのだろうか?それは、彼らが、地上的な望みを、全く抑えようと努めたからである。そうしたから、彼らは、全心をあげて、神に一致し、自分の内心のことに、自由にたずさわれるようになった。私たちは、自分の欲望にしばられすぎ、世俗のはかないことに、気を使いすぎる。私たちは、一つの悪にさえ、なかなか勝てない。そして、日々完徳に進もうという確たる決心がないので、いつも冷たく生ぬるい。私たちが、自分自身を全く脱ぎ捨て、内部的などんな束縛も切り捨てるなら、そのときのいは、神のこともいくらか理解でき、神の観想を味わうこともできるだろう。唯一最大の妨げは、欲望と世俗的な望みから抜け切れず、聖人の完全な道に入ろうと、努力しないことである。ちょっとした障害にあうと、私たちはすぐに落胆し、人間からの慰めを求めてしまう。勇士のように戦おうと努力すれば、天から、主の助けがきっと来る。私たちの勝利を得させるために、戦いの機会を与えたお方は、その恵みにより頼んで戦う者を、助けようと常に待ち構えておられる。私たちが、宗教上の義務を、表面だけ守って、しかもそこから利益を受けようと思うなら、その信心は長続きしないだろう。悪の根元に斧を打ちこもう、そうすれば欲望から解き放され、完全な心の平和を味わえよう。一年に、一つずつの悪でも断ち切れたら、すみやかに完徳の道を進むだろう。それなのに、何年もの修道生活をへた今よりも、改心した当時のほうが、まだ清くて善良だった、と気づく。私たちの熱心と進歩とは、毎日増やさなければならないはずだが、かつての熱心さを、いくぶんでもまだ保っているのさえも、大したことのように思われる。自分自身に対して、始めに逆らえば、後には、どんなこともやさしく、喜ばしく行うことができる。悪い習慣を断つのは、つらいことだが、自分自身の意志に、絶えず逆らうのは、それよりさらにつらいことである。しかし、小さな困難に勝てなくて、それよりも困難なことにどうして勝てよう。あなたの欠点に、はじめから逆らい、手がつけられないようになる前に、悪い習慣を、早く除き、失くしなさい。生活で自分でよく導けば、どれほど平和があり、また人々を、どんなに喜ばせるかをあなたが知っていたら、ああ、あなたは、霊的完徳に進むために、もっともっと一心になったはずだと、私は思う。